クジャクソウ(孔雀草)の花言葉や由来

花言葉

クジャクの羽根のように華やかなクジャクソウ(孔雀草)、秋に咲く花で菊に似ています。

今回はそんなクジャクソウの名前の由来や特徴をご紹介します。

スポンサーリンク

クジャクソウ(孔雀草)の花言葉

クジャクソウ(孔雀草)の花言葉:
いつもご機嫌★可憐な人★一目ぼれ
悲しみ★ご機嫌★可憐★思い出
友情★悲しみ★いつもご機嫌★飾り気のない人★
白いクジャクソウ(孔雀草)の花言葉:いつも愉快

クジャクソウ(孔雀草)の花言葉由来

クジャクソウ(孔雀草)の花言葉「可憐」は小花たちが仲よく秋風に揺れている様子からイメージされたものといわれています。

クジャクソウ(孔雀草)とは

 

この投稿をInstagramで見る

 

harukigram722(@aco.0123.haru)がシェアした投稿

クジャクソウ(孔雀草)は別名、クジャクアスター(孔雀アスター)とも呼ばれるキク科の多年草です。

花の特徴

クジャクソウの花は菊によく似た形をしています。花は細かく枝分かれした先に無数につき、とても豪華です。中心に黄色の筒状の花があり、まわりに紫や白の花びらがつくのが特徴です。中心の黄色がない、八重咲の花もあります。

葉と茎の特徴

長い茎がたくさん枝分かれして  多数の花を咲かせ、細長く小さい葉を互い違いにたくさんつけるのが特徴です。

フラワーアレンジメントとしても

オーソドックスな形と色をしたそれ程大きくない花なので、フラワーアレンジメントでプレゼント用やギフト向けに用いられます。

クジャクソウの名前の由来

クジャクソウ(孔雀草)は別名、クジャクアスター(孔雀アスター)とも呼ばれるキク科の多年草です。夏から秋の季節にかけて、紫や白の菊に似た細かい花をつけるクジャクソウ。花は細かく枝分かれした先に無数につき、とても豪華です。孔雀の羽のような華やかさであったことが、クジャクソウという名の由来です。

クジャクソウ(孔雀草)の名前の由来

 

この投稿をInstagramで見る

 

yuko(@cherrystyu)がシェアした投稿

無数に枝分かれして先に小さな花を咲かせる姿が、クジャクの羽根のように見えることから孔雀草(クジャクソウ)という名前になりました。

マリーゴルドの品種の1つにフレンチ・マリーゴルドがあります。フレンチ・マリーゴールドの別名も孔雀草(クジャクソウ)ですが、一般的に孔雀草と言えば、このページの孔雀草を指しますのでご注意ください。

クジャクソウ(孔雀草)の花の色や形や開花時期

 

この投稿をInstagramで見る

 

高橋 友美(@yumiiitakahashi)がシェアした投稿

白色(中央は黄色)の花が有名ですが、ピンク色などの花もあり、花の大きさは2~3cm程度。開花時期は8月~11月になります。

名称 孔雀草
和名 孔雀草(クジャクソウ)
別名 孔雀アスター(クジャクアスター)
宿根アスター(シュッコンアスター)
科名 キク科
属名 シオン属
分類 草花
原産地 北アメリカ
丈(高さ) 70cm~120cm
開花時期 8月~11月
花の色 紫、白、ピンク、青
花の香り 無香

 

花言葉
スポンサーリンク
幸せスマイル生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました