デイジー(雛菊)花言葉

花言葉

春に明るい色の花を咲かせるデイジーは別名雛菊とも呼ばれています。

デイジー(雛菊)の花言葉とその由来などをご紹介します。

スポンサーリンク

デイジー(雛菊)花言葉

 

デイジー(雛菊)の花言葉:無垢むく無邪気
むじゃき

デイジー(雛菊)花言葉の概要

元は白い一重咲きの花ですが、品種改良が加えられ、さまざまな色や形の品種が生み出されています。

イギリスではマーガレットと同様に、子供達が花びらを1枚ずつちぎりながら「好き、嫌い、好き・・・」と思い人の気持ちを占います。また、「今年、来年、いつの日か、できない・・・」と唱えながら花びらをちぎり、婚期を知る占いにも使われます。

最近の品種は花びらが多いので、占うのは大変かもしれませんね。

デイジー(雛菊)花言葉の由来

英名の「Daisy(デイジー)」は、「day’s eye(デイズ・アイ)」の発音がなまったものといわれます。「day’s eye(日の眼)」はデイジーが朝に花を開き、夜になると花を閉じるという性質に由来します。

日本には明治初期に渡来し、小さくてかわいらしい菊と形容され、雛祭りの頃に花をつけることから、雛菊(ヒナギク)と名づけられました。

また、丈夫でよく育ち、花期が長いことから延命菊(エンメイギク)とも呼ばれています。

デイジー(雛菊)別名・開花時期・香り

分類 キク科ヒナギク属
原産地 ヨーロッパ、地中海沿岸
別名 ヒナギク、エンメイギク、チョウメイギク
開花時期 3~5月
花色 白、桃、赤など
花言葉
スポンサーリンク
幸せスマイル生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました