ロウバイ(蝋梅)の花言葉や由来、誕生花

冬の花-花言葉

名前は「蝋梅ろうばい」ですが、梅とは違う種類の植物です。

今回は冬の花、ロウバイ(蝋梅)の花言葉や由来、誕生花をご紹介します。

スポンサーリンク

ロウバイ(蝋梅)の花言葉

ロウバイ(蝋梅)の花言葉:ゆかしさ、慈しみ、先導、先見

ロウバイ(蝋梅)の特徴

蝋梅は、ロウバイ科の落葉低木で、17世紀頃に日本に渡ってきたそうです。開花時期は12~2月頃、樹高は2~4mほどで、香りのある黄色い花を、うつむき加減に咲かせます。

中国では蝋梅の花やつぼみを、風邪の内服薬や火傷の塗り薬としても利用するそうです。

ロウバイ(蝋梅)花名の由来

蝋梅ろうばい」は中国語のまま、日本語読みでロウバイと呼ばれるようになったといわれています。また、中国では、黄色の花が、蝋細工ろうざいくのような質感と光沢に見えたからという意見や、臘月ろうげつ(旧暦12月)に、梅の花に似た花を咲かせることに由来するといわれます。

また、中国が原産国のため、唐梅からうめ南京梅なんきんうめといった別名もあります。

ロウバイ(蝋梅)の花言葉の由来

ゆかしさ、慈しみ

花が咲かない寂しい季節に、心にやさしく寄り添ってくれるような花やよい香りなので、この花言葉がつけられたといわれています。

先導、先見

ロウバイの花期は1月~2月で、お正月頃にどの花よりも早く咲き始めるため、他の花に先駆けて咲くことに由来してこのの花言葉が付きました。

ロウバイ(蝋梅)の種類

「和蝋梅(ワロウバイ)」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Akiko(@akiko325281)がシェアした投稿


一般にロウバイと呼ばれている品種は、「和蝋梅(ワロウバイ)」と呼ばれる品種です。日本に最初に伝わり、丈夫なので、すぐに帰化して広まりました。

花の中心が深紅色をしているので、あまり梅には似ていません。

「満月蝋梅(まんげつろうばい)」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ellie(@ellie.0109)がシェアした投稿

「和蝋梅(ワロウバイ)」からやや遅れて、中国の原種に近いといわれる「満月蝋梅(まんげつろうばい)」という品種も入ってきました。花は丸みを帯びていて、中心部に紫っぽい輪があります。こちらの方は本当に梅によく似ています。

「素心蝋梅(ソシンロウバイ)」

 

この投稿をInstagramで見る

 

* M a k o t o(@jindaiakebono)がシェアした投稿


200年程遅れて、明治初期に入ってきたのが「素心蝋梅(ソシンロウバイ)」という品種です。江戸時代のロウバイに比べ、花びらの色が薄く、透き通るような黄色をしています。花は丸みを帯びていて、中心部に色の変化がないのが特徴です。こちらの方が本当に蝋のように見えます。花の中心部まで黄色一色なので、“素心”の名がつきました。

ロウバイ(蝋梅)の誕生花

ロウバイ(蝋梅)の誕生花:1月2日、1月21日

ロウバイ開花時期、見ごろの季節は?

旬の季節
開花時期 12~2月頃

ロウバイの名称・原産地

科・属名
ロウバイ科ロウバイ属
和名 蝋梅(ロウバイ)
別名 唐梅(カラウメ)
原産地 中国

ロウバイの花言葉・誕生花の一覧

和名 蝋梅(ロウバイ)
花言葉 ゆかしさ、慈しみ、先導、先見
誕生花 1月2日、1月21日
開花時期 12~2月頃

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました