サフランの花言葉や由来

花言葉

紫色の花をつけるサフランはスパイスとして料理に使われ、サフランライスの名前で知られています。

今回は秋に紫色の花を咲かせるサフランの花言葉とその由来などをご紹介します。

スポンサーリンク

サフランの花言葉

 

この投稿をInstagramで見る

 

@ks_family1212がシェアした投稿

 

サフランの花言葉:陽気、歓喜、喜び、節度の美、過度をつつしめ、濫用するな

サフランの花言葉由来

サフランは染料やスパイスとして使われていますが、かつて西洋では薬として使われていました。

その効用には『気分を爽快にする』や『酒の悪酔いを防ぐ』などがあると信じていたそうです。それで「歓喜」という花言葉がつけられました。

しかし、サフランを過剰に摂取すると、脳に影響を及ぼして興奮状態になるとも言われていたんです。そのため、『節度の美』『過度をつつしめ』『濫用するな』という「歓喜」とは逆のような意味も持つようになったといわれています。

サフランについて

サフランは雌しべから香料や染料を採取するために古代ギリシャ時代から栽培されていた球根植物です。今でもスペイン料理には欠かせません。

サフランはハーブとしても服用され、冷え性緩和や疲労回復など、様々な効果効能があるといわれています。また、薬として服用したときに血管を広げ、気分をよくする鎮痛、鎮静の作用があるといわれています。

サフランの開花時期と見頃の季節は?

サフランは秋の10~11月に紫色の花が咲きます。

サフランの種類は?

こちらは「イヌサフラン」という植物です。サフランと名前も見た目も似ていますが、イヌサフランはユリ科コルチカム属の植物です。

毒を含んでおり、誤って服用すると嘔吐や下痢、呼吸困難などの中毒症状を引き起こしてしまいます。厚生労働省からは注意喚起がなされています。

サフランの誕生花

11月4日

サフランとクロッカス

サフランはクロッカスの仲間でこの2種はとても似ていることから、食用のものをサフラン、観賞用のものをクロッカス(ハナサフラン)と分けて呼ばれることがあります。

サフランの利用

サフランのめしべには独特の香りがあり、水に溶かすと鮮やかな黄色となることから、南ヨーロッパ、中央アジア、西アジア、北アフリカなどの地域において料理の色づけや風味づけの香辛料として使用されています。

サフランの利用:ブイヤベース

サフランの利用:パエリア

サフランの利用:クスクス

サフランの利用:サフランライス

こちらはサフランライスにカレーをかけたものです。

サフランの季節・開花時期

旬の季節
開花時期 10月~11月
出回り時期 10月~11月(最盛期は11月)
花持ち期間  5~7日程度

サフランの名称・原産地

科・属名 アヤメ科クロッカス属
和名 サフラン
別名 薬用サフラン(ヤクヨウサフラン)
番紅花(バンコウカ)
秋咲きクロッカス(アキザキクロッカス)
原産地 地中海沿岸、小アジア

サフランの花言葉・誕生花の一覧

名称 サフラン
サフランの花言葉 陽気、歓喜、喜び、節度の美、過度をつつしめ、濫用するな
サフランの誕生花 11月4日
花言葉
スポンサーリンク
幸せスマイル生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました