小学校の英語教育はどう変わる?5年生から教科化?中学では英語で授業?

2018年4月から小学校英語教育の義務化が段階的に実施され、2020年度に完全実施されます。

どんな風に英語を学ぶことになるのでしょうか?

また、中学・高校の英語授業や大学入試の変化についても触れています。

更に英語先進国とまで呼ばれるようになった「韓国」の英語教育の成功、現在人気のオンライン英会話についても書かせて頂いています。

スポンサーリンク


現在の「外国語活動」

管理人

ご覧になって頂きありがとうございます。今回は今後大改革される英語教育について現段階で分かる範囲でのご紹介となります。

現在小学5・6年生では、「外国語活動」として授業に組み込まれています。外国語活動というのは、「英語の音に慣れ親しむこと」「コミュニケーションに対する関心・意欲・態度を育てること」などを目標にしています。

文部科学省が小学校の英語教育義務化を発表!どんな内容に変わるの?

文部科学省は英語教育改革を2020年度から完全導入することを進めています。一部の小学校では先行授業が2018年度から行われるようです。では、どのような授業が行われるのでしょうか?

こちらは文部科学省が示した小3~小6の年間指導計画素案です。

参照:www.nikkei.com

小学校での英語教育

今まで小学5・6年生で行なわれていた「外国語活動」が小学3年生から始まることになるわけですね。

小学3・4年生で「外国語活動」が開始

3、4年生は一年間で35コマ(1コマ45分)の授業が行われる予定です。

クイズやカードを使ったゲームなど、遊び感覚で授業を楽しみながら、おもに耳や目を通して英語の音声や基本的な表現に慣れ親しみます。

 

小学5・6年生で「英語(教科)」が導入

5、6年生では一年間で70コマ(1コマ45分)の授業が行われる予定です。

最も大きな変化は英語が教科として授業に組み込まれるということです。

他の教科と同じくテストを受けたり、国語や算数と同様に「ABC」や「◎○△」などの段階評価で通知表に成績がつくことになります。

英語教育の義務化で、何が重要視されるの?

2018年度からの英語教育では、実践的な英語を身につけることを目指していきます。そのため、リスニングスピーキングにより重点が置かれるようになっていきます。

「身の回りのことや自分のこと」「ゆっくりはっきり」「実物を見せながら」など中学にはないキーワードが目標とされるようです。

中学・高校の英語授業は「英語で行うことを基本とする」

中学・高校の英語の授業は、原則英語で行われるようになります。授業中のあらゆる発言やコミュニケーションが英語で行なわれることになります。

この方式は英会話スクールで広く取り入れられているので、英会話スクールに通われてるお子さんにとっては馴染みのあるものかもしれませんね。

さらに、高校では「話す」「書く」を中心に発信力を強化し、スピーチ、プレゼンテーション、ディベート、ディスカッションなどが授業に組み込まれる予定です。

大学入学共通テストで「4技能評価、民間資格・検定試験」の活用

2020年にはセンター試験が廃止され、それに変わる新試験

「大学入学共通テスト」が導入されます。

今までの「聞く・読む」力だけでなく、「聞く、読む、話す、書く」力を求められるようになります。

・2020~23年度は、共通テストと民間資格・検定試験が併存

・2024年度以降の英語試験は、民間資格・検定試験に一本化

*活用できる民間の資格・検定試験は、現在確定していません。

2017年7月に文部科学省より公表された「大学入学共通テスト実施方針」の内容

新テストの詳細はまだ議論・検討中です。公表されている内容は変更される可能性がありますので、今後も確認していく必要があります。

参照:www.keinet.ne.jp

「使える英語」の教育へ変化

今までの学校教育ではなかなか身につかなかった「使える英語力」を、身につけられるように小学校から大学入試までの一貫した英語教育を行っていく方針に変えるということですね。

韓国における英語教育の成功

以前は韓国も日本と同じく「英語のできない国」として知られていました。

しかし、韓国は1997年に抜本的改革を行いそれまでの暗記型の英語教育からリスニングやライティングなどコミュニケーション能力重視の教育に移行し、2001年から2010年の間にTOEICの平均点をおよそ70点上げています。

韓国では小学3年生より英語を必修科目とし、ネイティブスピーカーの教師による授業を週2時間行っています。また、小学3年生から英語のテストを導入し、リスニング中心のテストを行うことによって早期からコミュニケーション能力を養うことに成功しています。

TOEICテストを作成しているETSの報告書によると、2013年のTOEICの平均スコアは、「韓国632点」に対して「日本512点」と100点以上の大差をつけられています。

英語先進国「韓国」と英語後進国「日本」を招いた理由は?
1.英語がなければ生き残れない状況の「韓国」

韓国は貿易依存率がおよそ95%と非常に高い国です。韓国経済は海外(企業)との関係に大きく左右されてしまうのです。そのため、韓国政府や企業は、海外との関係を改善していく必要性を強く感じ、韓国の約8割の企業が、就職時の志願者に一定水準の英語能力を求めるそうです。

2スピーキングやライティングを中心とした英語教育を重視した「韓国」

韓国では教科書や問題集が、日本のように一問一答形式ではなく、自分の意見を述べる形式などの記述形式になっているものが多いようです。

3.受験競争が過熱する「韓国」社会

韓国は極端な学歴社会で、そ最終的な目標となる大学受験を目指して小学生の頃から自由時間を犠牲にして、夜遅くまで塾に通うのは当然とされています。

こうした受験競争に向かう学習姿勢については賛否両論がありますが、このわずか10年間で国民の英語力を急速に押し上げたことに関係しているのは間違いないと思います。

日本でも

しかし、日本でも昇進試験にTOEICのスコアが求められるケースも増えています。我が子が就職する頃までには更に英語力を求められる採用試験を行う会社が増えていると推測できますね。

子供向けオンライン英会話、人気の秘密とは?

スポンサーリンク


こうした英語教育への変化を受けて、子供向け英会話への関心が高まっています。なかでも低価格で通学の必要がない「オンライン英会話」が注目を集めているようなんです。なぜなのでしょうか?

1低価格

オンライン英会話はスカイプ(インターネット回線を利用した無料テレビ電話)を利用することで、通学型の英会話教室よりも低価格でマンツーマンの授業を受けることができます。

小学生のママさん

子供に英語を話せるようになってもらいたいけど、他にも習い事をしてるし、英会話ばかりにお金を掛けられないわ

管理人

めっちゃ分かります。だからこそ、低価格で毎日英語に触れることができるって驚きですよね!

2送迎不要

オンライン英会話なら自宅で授業が行えるので、親御さんの送迎の負担もなく、安心です。

小学生のママさん

仕事に家事と毎日忙しいから英会話教室までの送迎が正直負担だわ

管理人

仕事に家事に毎日頑張るママさんがこれ以上負担を抱え込まないようにできるのもいいですね!

 

実際にオンライン英会話で人気の「DMM英会話」を紹介させて頂きます。

DMM英会話

顧客満足度・価格満足度他、数多くの部門で1位を獲得!CMでも注目のオンライン英会話

コース 25分×1日1回
※毎日レッスン可能
料金 5,500円~
入会金 なし
教材費 無料

 

数あるオンライン英会話の中でもトップクラスの利用者数と顧客満足度を誇る人気のオンライン英会話です。1日25分のマンツーマンレッスン(キッズレッスンは保護者の方の付き添いが必要)を受けても月額5,500円という低価格!他のオンライン英会話「GLOBAL CROWN」では平日毎日で19,800円、「Global Step Academy」の毎日コースでは39,800円(税別)かかります。

レッスン教材も幼児向けから学校のテスト対策、TOEIC対策まで幅広く対応されています。日本語でのサポートに対応できるキッズ向け講師も在籍しています。

 初回限定!会員登録で無料体験 レッスン2回分が受けられます!

↓詳しくはこちら↓

でも、オンライン英会話ってどうなのかな?子供は先生との会話に慣れることができるかな?など不安を感じる方もいらっしゃると思います。

そんな方にはベネッセの「Challenge English」はいかがでしょうか?

Challenge English

通信教育で馴染みのあるベネッセの英語教材なので、安心して始めることができそうですね。

「Challenge English」もオンライン学習のため、インターネットの環境が必要です。すでにチャレンジタッチを受講されているなら、その「チャレンジパッド」で受講できます。

オンライン会話 月1回
料金 2040円~(進研ゼミ受講生)
3240円~(チャレンジイングリッシュのみ)
入会金 なし

*料金は2017年度12か月分一括払いの月あたりの金額です。

楽しみながら、聞く・話す・読む・書く力を伸ばす工夫がされているので、初めてのお子さまでもゲーム感覚で取り組めます。

オンライン会話

月に1回、小学生を教えるための研修を受けている先生にオンライン会話を受講することができます。何回も会話したい場合は追加チケットを購入することもできます。

↓詳しくはこちら↓

管理人もオンライン英会話の体験をしてみたのですが、英語が話せないのと緊張もあって散々でした^^;

「チャレンジ イングリッシュ」で英語を学びつつ、次第にオンライン会話に慣れていく方法だとお子さんにとっても自然に受け入れられるかもしれませんね。

慣れてきたら、「DMM英会話」でとことん話してみるのはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?

 

現在小学四年生のお子さんは学校によっては来年度から英語を教科として学ぶことになります。また、2020年度から英語教育の義務化を実施する地域では中学から日本語を使わずに授業が行われることになるかもしれません。

心配しすぎることはありませんが、英語に触れておく機会を設けることは重要かもしれません。

今回はオンラインの英会話をご紹介させて頂きましたが、英語を勉強する方法はたくさんあります

英会話教室

・英語塾

・問題集を使用

・英検を取得するための勉強

・英語の本や絵本を使用

・英語で歌を歌う

塾でも英会話を重視するのか、テストを重視するのかによっても選び方が変わってきます。また、問題集にはCDがついてるものも多く販売されていて、発音など分かりやすいです。英検5級くらいから取得を目指して専用の問題集などを使用するのも良いと思います。

「英語って楽しい」「英語が通じた」そんな経験をさせてあげられると「勉強だけの英語」にならずに済むのかなと思います。

今後、ますます必要になってくる英語、しかし習い事の多い現代の小学生、あまり負担がなく楽しみながら会話ができるようになってほしいなと思います。

楽しみながら英語に慣れるならこちら↓

管理人

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク


にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す