子供の浴衣の着付け動画で分かりやすい!着崩れしずらい方法と直し方とは?

浴衣

幼稚園の時は夕涼み会などで着ていた浴衣も小学校に入ると浴衣を着る機会はグッと減ってきます。

しかし、女の子はお祭りで友達と浴衣を着る約束したなど、浴衣を着たがる子もいますよね?

そんな女の子の願いを叶えてあげるために、浴衣の着方浴衣が着崩れした時の直し方着崩れ防止法などをまとめてみました。

スポンサーリンク

浴衣の着付けを動画で分かりやすくご紹介

浴衣の着付けは動画で見ると分かりやすいですよね?

今回はとても分かりやすい浴衣の着付けの動画をご紹介します。

子供の浴衣着付け紹介ムービー

子供浴衣の着付け方

①肌着の上に浴衣を羽織ります。

②襟を合わせていきます。

浴衣の襟は「右前」です。

自分にとって右側から合わせるので、「右前」と呼びます。

正面から見てお子さんの喉のくぼみが隠れるよう、また左右対称になるように合わせていきます。

襟を合わせた後は胸元のひもを一度後ろで交差させてから前で結びます。

この時に背中のしわ等も綺麗にしておきます。

子供の浴衣帯の巻き方

①脇の下にすぐ帯がくるように巻いて下さい。

背中側から、ママの右側がご自身の肩腕の長さくらいになるように帯を取ってください。

②片腕の長さに取った帯をお子さんの左肩にのせてください。

④そして、長い方の帯を1周巻いていきます。

この時お腹のところに帯板や厚紙を入れておくしわになりにくいです。

⑤1周巻いたら、肩にのせていた方の帯を持ち、帯を少し締めます。

⑥肩にのせていた方の帯を上から遠し、一度結びます。

⑦長く取った方の帯をママの手幅分くらい取ってくるくると巻いていきます。

⑧残っている帯をくるくると巻いた帯の真ん中辺りに上から遠し、そのまま上方向にぴっぱり締めます。

⑨上から下へ2~3回通し、最後は一番背中側に横に巻いてる帯の下から出します。

⑩下からでてきた帯を帯の中にしまい込んで完成です。

子供の浴衣が着崩れてしまった時の直し方

大人用の動画ですが、参考になりますので、ご覧になってみてくださいね。