子供の浴衣に似合う髪型!簡単可愛い崩れにくいロングヘアー用アレンジ

夏のお祭りなどに着る機会のある浴衣

女の子なら、浴衣を着てお祭りに行きたいと言われることもあると思います。

浴衣に合う髪型で、簡単に可愛くできるやり方をご説明します。

運営者である私も小学生の女の子の母ですが、

とても不器用で、髪をまとめるのがとても苦手なので、

私でも何とか形になるような、髪型をご紹介したいと思います。


スポンサーリンク



子供の浴衣に似合う髪型の動画をご紹介

髪型はやっぱり動画で見ると分かりやすいですよね。

今回は子供の浴衣に似合う髪型の動画をまとめてみました。

スッキリまとめ髪

こちらの髪型は凝ったように見えるのですが、

編み込みをせず、くるりんぱや三つ編みなどを

取り入れているので、編み込みが苦手なママさんでも

まとめやすい髪型です。

 

スッキリまとめ髪

 

①髪の毛を耳より後ろと前で分けます。

②耳より後ろに分けた毛の上半分をくるりんぱします。

 

③耳より前に分けた髪は少しずつ束を取りながら

ねじっていきます。

反対側も同じようにねじります。

ねじった2つの束はゴムでまとめます。

 

④残りの髪を2つに分けて三つ編みをします。

 

⑤三つ編みをくるくるとまとめてお団子を作ります。

 

⑥髪飾りをつけたら完成です。

 

ダイソーのアイテムを使用した簡単おだんごヘア

 

おだんごヘア

 

①高い位置でポニーテールにします。

 

②ダイソーのおだんごメーカーを毛束に通します。

 

③毛束を放射線状に広げます。

 

④おだんごメーカーが隠れるように毛束を巻き付けます。

 

⑤巻いた髪をピンで止めていきます。

 

⑥くずれないようにピンで数ヶ所固定し、ピンで止めます。

 

⑦毛束をつまんでほぐしていきます。

 

⑧完成!

スポンサーリンク



編み込みカチューシャ

裏編み込みが苦手だったのですが、この動画はとても分かりやすいのでおすすめです。

 

 

 

編み込みカチューシャ

 

①耳より手前の髪を使用します。

 

②ブラシで上に流します。

 

③まず、普通の三つ編みをします。

 

④2回目から毛束を足していくのですが、前髪側の手束だけを足していきます。

 

⑤毛を取りながら編んでいきます。

 

⑥反対側の耳の後ろまでいったら、耳のちょっと後ろの位置でゴムで止めます。

手束はそのままでもいいし、ピンで耳の後ろ側に止めてもいいようです。

 

⑦最後に毛束の位置を調節し、毛束をほぐして、緩くしていきます。

 

⑧完成です!

凄く華やかになるので、このままでも十分可愛いのですが、

この編み込みカチューシャを使って浴衣に合う髪型をご紹介します。

まとめ髪アレンジ

まとめ髪アレンジ

 

①編み込みカチューシャをした状態です。

 

②髪を片方に寄せます。

 

③編み込みカチューシャを留めてあったゴムを外します。

 

④片方に寄せた髪を三つ編みします。

 

⑤私はこの状態がおすすめです。

おだんごは浴衣に合うのですが、髪が長いと落ちてしまいやすいので、

この状態の方が崩れにくくて、娘も好きなようです。

 

⑥三つ編みをくるくると巻いていき、ピンで三か所くらい止めます。

 

⑦完成です!

エルサ風編み込みヘア

エルサ風の編み込みは崩れにくく、また太めの編み込みなので、

編み込み苦手の私でも編みやすかったです。

 

エルサ風編み込みヘア

 

①上の方の髪をゴムでまとめて少し緩くし、ボリュームを出します。

 

②ゴムで結んだ部分+右の部分+左の部分の3本を編み込んでいきます。

 

③下まで編み込んだら、三つ編みにします。

 

④編んだ部分をルーズに崩していきます。

 

⑤上の方もお好みで崩していきます。

 

⑥ゴムで止めたら、最後もう一度ルーズに崩します。

 

⑦ヘアアクセサリーでゴムを隠すように留めれば

 

⑧完成です!

アクセサリーは浴衣に合わせるともっと可愛いですね。

まとめ

いかがでしたか?

浴衣に合わせて髪型も可愛くしてあげたいですよね?

でも、わたしのように髪をまとめるのが苦手なママさんも

いらっしゃるかなと思い、色々と調べてみました。

 

実際に娘の髪を結ってみて、

「ああ、これは難しい。」

などと失敗ばかりでしたが、

今回ご紹介した髪型はどれも簡単で可愛いものばかり

なので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

崩れにくいのも、ポイントですよね。

できるだけ崩れにくい髪型、

崩れてもおかしくない髪型を意識して集めてみました。

 

こちらは、浴衣の着付けについて書いています。

よろしければご覧になってくださいね。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す