aiでなくなる仕事!オックスフォードが発表した100の職業とは?

教育

最近よく耳にするAI、気になってる方も多いのではないでしょうか?

AIは人工知能のことなのですが、10年~20年後、AIに職業を奪われるかもしれない!なんて話もよく聞くようになりましたね。現在、小学生の子供達はちょうどその時代を生き抜くことになります。

そこで、これからのAIの時代を生き抜くために必要な「21世紀型能力」を国立教育政策研究所が提案しています。それはどんな能力なのでしょうか?今回はAI21世紀型能力についてお伝えします。

スポンサーリンク

AIとは?

AIは人工知能のことです。で、その人口知能って何?ってなりますよね?
 
人工知能とは、人間の脳が行っている知的な作業をコンピュータで模倣したソフトウェアやシステム。
ということなんです。それでどんなことができるのでしょうか?

AIの活用事例

総務省が紹介している 人工知能(AI)を活用した事例によると、IBMのWatson(ワトソン)が国内でも200社に導入され、幅広い分野で活躍しています。では、どんな風に活用されているのでしょうか?

デジタル版コンシェルジュ

パナソニックとIBMが共同開発したデジタル版コンシェルジュ・サービスはホテルの宿泊客がデジタルミラーと会話することでホテルのサービス、ショッピング、エンターテイメント、交通機関や天気、近隣のおすすめレストランやルームサービスを頼むなど滞在時に欲しい情報を素早く得ることができるんです。