瑠璃雛菊(ブルーデイジー)の花言葉と由来

花言葉

瑠璃雛菊(ブルーデイジー)は中心にある黄色の雄花とのコントラストが美しい草花です。

瑠璃雛菊(ブルーデイジー)の花言葉や由来をご紹介します。

スポンサーリンク

瑠璃雛菊(ブルーデイジー)の花言葉

 

瑠璃雛菊(ブルーデイジー)の花言葉:「恵まれている」「幸福」「協力」

瑠璃雛菊(ブルーデイジー)花言葉の由来

瑠璃雛菊(ブルーデイジー)はフェリシア属です。このフェリシアの名前は、ラテン語の「felix(フェリックス)」からつけられており、英語でhappyやluckyに近い意味を持ちます。そのため、「幸運」や「恵まれている」という花言葉つけられたといわれています。

瑠璃雛菊(ブルーデイジー)花言葉の概要

ブルーデージーは、デージーの仲間で、青色の花びらをつけることから名付けられました。春と秋が開花期ですが、寒い冬を越せないため、日本の園芸では一年草扱いにされています。

ブルーデージーは、丈夫で育てやすく、次々に花を咲かせる性質があるのでベランダガーデニングなどで人気です。

瑠璃雛菊(ブルーデイジー)別名・開花時期

分類 キク科ルリヒナギク属
原産地 南アフリカ
別名 ルリヒナギク(瑠璃雛菊)
開花時期 3~5月、10~12月
花色 青、青紫、ピンク

 

花言葉
スポンサーリンク
幸せスマイル生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました