子供の記憶力を伸ばす方法は?覚えられないを解消するコツとは?

なかなか覚えられない、覚えてもすぐ忘れてしまう。そんなことってありますよね?

しかし、当然なのです。人は覚えたことの7割を一日で忘れてしまうそうです。

しかも、4割は覚えて20分以内に忘れてしまいます。

でも、忘れにくくする方法があるんです!今回はその方法をご説明します。

スポンサーリンク



子供の記憶力を伸ばす方法は?

 例えば「桜」「電車」「橋」の3つの言葉を覚えるとします。
簡単だからすぐ覚えられるでしょうが時間が経過すると忘れてしまいます。
「桜」は覚えているけど、あとなんだっけ?と言った具合。

 

しかし、画像と共に覚えると記憶が長持ちします。

電車

絵を見てからしばらくして思い出してみてください。

すると、絵が頭の中に残ってませんか?

 

 

また、エピソードなどと一緒に覚えるとより記憶が長持ちします。

旅行などの思い出は昔のことでも鮮明に覚えてることが多いですよね?

また、写真もたくさん撮るのでより記憶に残りやすいのかもしれません。

 

スポンサーリンク



記憶を司る海馬

脳の器官には「海馬」と言って記憶と関係している部位があります。

この「海馬」には2つの役割があって、1つは一時的に記億すること。

もう1つは記憶の重要さを判断することです。

私たちが新しく覚えたことは一時的に「海馬」に記憶されます。

しかし、「海馬」はずっとは記憶しててくれません。

再び情報が入って来なければ忘れてしまいます。

しかし、繰り返し入って来る情報は重要な情報であると判断され、記憶した情報を大脳皮質に保管し、長期記憶させてくれます。

どうすれば、「海馬」に重要な情報だと認識させられるのか?

それは繰り返し情報を与えること、つまり復習ですね。

効果的な復習法は

  1. 覚えた直後
  2. 一日後
  3. 一週間後
  4. 二週間後
  5. 一ヶ月後

忘れないうちに復習することで「海馬」に重要な情報であると思わせ、情報を大脳皮質に送り、長期記憶することができます。

更に復習を繰り返すことで記憶を整理し、より理解した状態で記憶することができるようになるのです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

絵を取り入れながら教えると記憶力が鍛えられます。

そして、それを忘れずにいるには復習が大切なのです。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク



おすすめの記事と広告



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す