ユスラウメ(梅桃・山桜桃梅)の花言葉や由来、誕生花

冬の花-花言葉

「山桜桃梅」は「ユスラウメ」と読みます。「梅桃」も「ユスラウメ」と読みます。さくらんぼのような実をつける庭木です。

今回は、ユスラウメ(梅桃・山桜桃梅)の花言葉や由来、誕生花をご紹介します。

スポンサーリンク

ユスラウメ(梅桃・山桜桃梅)の花言葉

ユスラウメ(梅桃・山桜桃梅)の花言葉:郷愁、輝き、ノスタルジー

ユスラウメ(梅桃・山桜桃梅)の花言葉由来

ユスラウメの実を小さいころに食べたことが「郷愁」や「ノスタルジー」という言葉の由来です。「郷愁」とは、他郷にあって故郷を懐かしく思う気持ちのことです。

また、ユスラウメの果実はつやつやと輝きがあるので、「輝き」という花言葉がついたといわれています。

ユスラウメ(梅桃・山桜桃梅)の名前の由来

朝鮮語の移徒楽(いすら)が語源であるという説と、枝を揺すって果実を落とし実を採ることに由来しているという説、梅に似た花が咲くことから梅桃(ゆすらうめ)もしくは山桜桃梅(ゆすらうめ)と呼ばれるようになったという説があります。

ユスラウメ(梅桃・山桜桃梅)の特徴

春には白やピンクの美しい花をつけ、6月〜7月には赤いさくらんぼに似た実をつけます。そのまま食べたり、ジャムなどに加工して楽しむことができる庭木です。

ユスラウメ(梅桃・山桜桃梅)の誕生花

ユスラウメ(梅桃・山桜桃梅)の誕生花:4月28日

ユスラウメ(梅桃・山桜桃梅)の開花時期、見ごろの季節は?

旬の季節 冬~春
開花時期 3月~4月

ユスラウメ(梅桃・山桜桃梅)の実がなる季節は?

ユスラウメ(梅桃・山桜桃梅)の実がなる季節は、5月~梅雨の頃です。

ユスラウメ(梅桃・山桜桃梅)の名称・原産地

科・属名
バラ科・サクラ属
和名 ユスラウメ(梅桃・山桜桃梅)
別名 梅桃、桜桃、山桜桃梅、ユスラゴ、ヨソランメ
原産地 中国

ユスラウメ(梅桃・山桜桃梅)の花言葉・誕生花の一覧

和名 ユスラウメ(梅桃・山桜桃梅)
花言葉 郷愁、輝き、ノスタルジー
誕生花 4月28日
開花時期 3月~4月

コメント

タイトルとURLをコピーしました