運動会のママの髪型ロング編・自分でセットできる大人華やかなカジュアルアレンジ!

お子さんの運動会、ママはジーンズなど活動的な服装が多いですよね?

また、運動会で日傘だと周りの方の迷惑になったり、子供の競技をビデオに撮るときに邪魔になってしまうので、帽子は必須です。

今回は帽子やスポーティーな服装に合うオシャレで自分で簡単にセットできる髪型をご紹介します。


スポンサーリンク



運動会のママの髪型ロング編

運動会の際、気をつけたい髪型のポイントは大きく分けて次の3点です。

  • 風が吹いても崩れにくい
  • 動きやすい
  • 運動会らしく活動的な雰囲気

キャップ

運動会と言えば「キャップ」

 

スポーティーでジーンズにもピッタリです!

セットも簡単!

高めのポニーテールを作り、キャップのアジャスターの部分に髪を通します。

後は͡コテで縦に巻いていくだけ。

ゴムの部分に髪を巻き付けて、巻き終わりをピンで留めたら完成です。

仕上げにスプレーで固めるとカールの持ちがいいですよ!

くるりんぱ

お馴染みくるりんぱで髪をまとめると崩れても違和感がなく、ふわふわっとした印象にもなるので可愛いです。

キャップとの相性もバッチリ!

こちらは上と下に2つくるりんぱをして1つにまとめています。

おくれ毛をコテで巻いて完成!

簡単にできるのに、凝っているように見えるところもポイントが高いですね!

キャスケットでよりオシャレに!

 

編み込み風サイドヘア

帽子との相性がいいサイドヘア。

上品な印象になるので、ママにピッタリです。

キャップにも合いますが、つばの広い帽子に合わせると上品なカジュアルスタイルになるのでおすすめです。

 

 

・上の部分でくるりんぱ

・真ん中の部分で三つ編み

・下の部分で三つ編み

くるりんぱは三つ編みの一部になるので、2つの三つ編みのうち短い方の三つ編みに長い方の三つ編みを巻き付けていく感じです。

ローポニテ

低い位置で結ぶポニーテールの「ローポニテ」は帽子がかぶりやすいので、おすすめです!

 

結び方も簡単!

両サイドを耳裏辺りまで残し、後ろの髪を低い位置で一本に結びます。

両サイドの髪を後ろに持ってきて、ゴムで結び、くるりんぱします。

一本に結んだ髪を一部取ってねじり、ゴムを隠すように巻き付けピンで留めます。

少しずつ髪をほぐして完成です。

 

こちらのサファリハットタイプの帽子はカジュアルだけど、上品なイメージになるのでママにおすすめです。

 

 

大人ツイン

ツインテールは幼い印象があって「無理」というママが多いと思いますが、こちらの大人ツインなら大人っぽく、華やかな印象になるのでおすすめです。

 

全体を2つに分け、それぞれくるりんぱを作ります。

ゴムを下にずらし、またくるりんぱ

こちらの動画では飾りのついたゴムでまとめていますが、もっとシンプルなものにすれば更に大人な印象に!

帽子もかぶりやすく、くるりんぱの効果で華やかな印象に!

どんな帽子でも合うところも人気です。

つばの広い帽子は紫外線を防いでくれるので、運動会には活躍してくれるアイテムなのですが、

混雑する場所では邪魔になってしまう可能性があるので、ご注意ください。

 

最後に

服装がシンプルなジーンズコーデでも帽子や髪型でグンとオシャレな印象になります。

しかし、やりすぎると浮いてしまうので、気を付けてくださいね。

運動会らしく、カジュアルで大人っぽい髪型で「うちのママってオシャレだな。」とお子さんに思わせちゃいましょう!

スポンサーリンク



おすすめの記事と広告



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す