蕎麦(ソバ)の花言葉と由来

秋の花-花言葉

初秋には、淡雪のように真っ白に染まったのどかな畑を信州で見かけることができます。

現在のような麺として食べられるようになったのは、江戸時代中期からで、稲が育たないやせた土地や冷涼な地域でも栽培できることから、日本人の食生活を支える穀物として重宝されてきました。

蕎麦(ソバ)の花言葉や由来をご紹介します。

スポンサーリンク

蕎麦(ソバ)の花言葉

蕎麦(ソバ)の花言葉:懐かしい思い出、喜びも悲しみも、あなたを救う

蕎麦(ソバ)の花言葉由来

蕎麦(ソバ)の花言葉は、荒地でも夏と秋に収穫でき、日本人の食生活を支えてきた栄養価が高い穀物の1つであることを物語っています。

蕎麦(そば)の花名の由来とは?

花の名は、実が三角形をしていることから、この種の特徴である角という言葉は、古来より「稜(そば)」と呼ばれていました。これに、麦が合わさり、稜麦(ソバムギ)と呼ばれていたのが蕎麦の語源です。

ソバ(蕎麦)の誕生花

ソバ(蕎麦)の誕生花:9月11日、9月24日、11月1日、11月3日

蕎麦の花の色や形や開花時期

花色 白、薄ピンク、赤
花の大きさ 5mm程度
開花時期 6月~10月

蕎麦の概要

名称 蕎麦
和名 蕎麦(そば)
別名 和蕎麦(わそば)
分類 タデ科ソバ属
原産地 中国南部、シベリア
丈(高さ) 60cm~130cm

コメント

タイトルとURLをコピーしました