寒菊(カンギク)の花言葉や由来

花言葉

冬に咲く黄色や白、紫紅色などの小輪や中輪のキク(菊)が寒菊です。

年末年始を華やかに彩るカンギク(寒菊)の花言葉や由来などをご紹介します。

スポンサーリンク

寒菊(カンギク)の花言葉

寒菊の花言葉:けなげな姿、真の強さ

寒菊(カンギク)花言葉由来

「けなげな姿」花言葉由来

「けなげな姿」は寒い季節に冷たい風に吹かれながらも、けなげに咲く花の姿からつけられたともいわれています。

「真の強さ」花言葉由来

「真の強さ」は、冬の寒さに耐えて咲く凛とした花の姿に由来しています。

寒菊(カンギク)の概要

「寒菊」(カンギク)は冬季に花を咲かせる菊全般を指した名称です。

「寒菊」(カンギク)は秋咲きのコギクやシマカンギク(アブラギク)を品種改良し冬咲きにしたものが多くあげられます。

寒菊(カンギク)の別名・開花時期

分類 キク科キク属
原産地 中国
別名 テリカンギク(照寒菊)
シマカンギク(島寒菊)
アブラギク(油菊)
ハマカンギク(浜寒菊)
オキノアブラギク(隠岐の油菊)
開花時期 12月~1月
花言葉
スポンサーリンク
幸せスマイル生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました