エアコンのカビの原因と子供への影響は?吸いこむと危険!

暑くなったからエアコンをつけたらなんだか嫌な臭いがする、

そんなことはありませんか?

この嫌な臭いの原因はカビだと言われています。

そして、このカビは病気の原因になってしまうのです。

今回は

・エアコンのカビの原因

・エアコンのカビが子供に与える影響は?

・エアコンのカビは有害?

といったことを焦点に当ててご説明します。


スポンサーリンク



エアコンのカビの原因

エアコンから嫌な臭いがしたら、エアコン内部のカビが原因だと言われています。

どうしてカビが繁殖してしまうのでしょうか?

カビが発生しやすい条件はこちらです。

・温度28℃前後
・湿度80%以上
・ホコリ・汚れ

エアコンのカビが発生しやすい温度は?

カビが繁殖しやすい気温は5度から35度くらいです。一般的な家庭の温度は10度から30度くらいと言われているので、カビが繁殖しやすい環境と言えます。

エアコンのカビが発生しやすい湿度になるのはなぜ?

カビが繁殖するには80%以上の湿度が必要といわれています。

冷房をつけると、エアコンの内部に結露が発生します。
その結果、湿度が上がるのです。

結露が発生する場所はフィンです。

エアコンのフィルターの奥にあります。

フィンは赤枠の部分です。

 

冷房をつけると、冷えたフィンに空気が触れて空気が冷えます。

その冷やされた空気が室内へ送り出されることで、部屋が冷やされます。

この空気が冷やされる時に結露が発生するんです。

空気が冷やされると空気中の水分が液体になって現れるのが結露です。

 

液体となった結露の水分は排水管を通って外に排出されます。

 

エアコンのほこりでカビが繁殖

そして、カビは汚れを栄養として繁殖します。

特にエアコン内部のファン部分は掃除がしずらい場所ですので、カビの栄養のほこりがたくさんあるということですね。

ファンは、吹き出し口からエアコンの内部を覗き込んだら見えます。

写真青枠部分に風向きを変えるルーバーがあり、その奥上の方写真の赤枠部分にファンがあります。

横長な筒の形に羽が付いていて、ぐるぐると回転することで風を起こします。

 

赤枠の上の部分は繊維状のシートのようなものが貼られているので、ここがカビそうで怖いです^^;

 

 

エアコンのカビが子供に与える影響は?

エアコン内部のカビは空気中にのって部屋に飛び散ってしまいます。

 

エアコンや加湿器の清掃を怠っていると、その中のカビを吸い込んでしまい、肺炎を起こすことがあるのです。

引用:いしゃまち

スポンサーリンク



夏型過敏性肺炎

「夏型過敏性肺炎」は、トリコスポロンというカビが、肺の中に入ることで発症する病気です。

夏型過敏性肺炎は50以上ある過敏性肺炎の1つです。

まず、過敏性肺炎とはどんな肺炎なのでしょうか?

それは身の回りのちりやほこりを繰り返し吸い込んでいるうちに、吸い込んだ物質に対して

アレルギー反応を起こして発症する肺炎のことを言います。

 

夏型過敏性肺炎の特徴は?

発症するピークが6月頃から10月頃であることから、夏型過敏性肺炎と呼ばれています。

 

 

この病気の原因となる物質はトリコスポロンです。

 

トリコスポロンって何でしょうか?

トリコスポロンとは酵母カビの1種です。

 

トリコスポロンはどんな条件で発生するの?

湿気が多く、日当たりや風通しが悪い場所で発生しやすいです。

特に腐った木に発生しやすく、畳の下や台所、お風呂場などに注意が必要です。

トリコスポロンの胞子は3~10ミクロンと極めて小さいので飛散しやすく、肺胞の中まで吸い込まれやすいので肺炎を引き起こすのです。

引用:中田クリニック

 

夏型過敏性肺炎はどんな症状?

  • 発熱
  • 呼吸困難

 

トリコスポロンの胞子を吸入後6~8時間で症状が出ますが、家を離れると自然に症状は治まるようです。

 

危険なカビ、アスペルギルス・フミガータス

「アスペルギルス」を吸いこんだことにより、アスペルギルス肺炎で亡くなってしまった方がいると知り、気になったので調べてみました。

 

部屋の隅や下駄箱の中、家具の裏、エアコンの通風孔などほこりがたまりやすく、水分が少ない場所にアスペルギルス・フミガータスというカビが繁殖しやすいです。

 

このアスペルギルス・フミガータスはアスペルギルス症の原因菌と言われています。

 

そして、特に気をつけたいのは次のような方です。

・喘息の人

・アレルギー体質の人

・免疫力の低下した人

 

 

 

その症状は咳や微熱など風邪に似ています。肺炎を引き起こした後に菌が血液に入り、その他の臓器に感染することも。

引用:日刊SPA

 

50%の確率で重症化してしまうそうです。

 

症状は風邪かなと思ったら、肺炎になり、臓器に感染すると危険なんですね。

怖いですね。

 

家の中にも発生しますが、土の中、特に畑や牧場の土煙に含まれていることが多いようなので、合わせて気をつけたいですね。

 

まとめ

エアコンは特にカビが発生しやすい場所です。

これからの梅雨シーズンに特に気をつけたいですね。

 

子供の健康を守るためにも、エアコンのほこりやカビに気をつけたいですね。

 

 

スポンサーリンク



おすすめの記事と広告



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す