子供の夏のスキンケア!暑い時期に気をつけたい肌トラブルの予防法は?

子供の肌は柔らかい、水分たっぷりなイメージがありませんか?

しかし、子供の皮膚は大人よりも薄いので、ちょっとしたことがきっかけで

肌トラブルになってしまうこともあります。

その為にもできるだけダメージを与えずに済む生活を心掛けたいですよね。

また、早めに対処することでダメージを少なくすることもできます。

今日は特に暑い時期に気をつけたい「夏のスキンケア」についてお話したいと思います。

 

スポンサーリンク



 

子供の肌にトラブルが多い理由

子供は大人に比べて肌が弱い状態なんですね。

そのため、肌トラブルはつきものといわれています。

どうしてなのでしょうか?1つずつ見ていきたいと思います。

大人より皮膚が薄い

特徴としては、皮膚の厚さが大人の2分の1くらいしかないことです。

しかし、水分量は80%も含まれています。一方、大人の水分量は65%です。

その為、外からの刺激に弱いんですね。

肌バリア機能の低下

子供の肌は皮脂の分泌量も安定していないことから、

皮膚のバリア機能も未熟なままです。

 

バリア機能は外からの刺激や、反対に体内から必要な物質が

出てしまうのを防いでくれます。

 

肌が乾燥してしまうと、このバリア機能が低下して、

汚れや微生物が皮膚内に侵入しやすくなってしまうのです。

 

その為、あせもやかぶれることが大人よりも多いんです。

また、衣服のこすれや精神的なストレスも原因になるのですが、

子供自身は気づいてないことも多いと思います。

ただ、成長するにつれてバリア機能が発達し、

皮膚も強くなるため、次第にトラブルも少なくなってきます。

こちらで子供の「あせも」や「わきが」の対処法について書かせて頂いているので、

合わせてご覧になってくださいね↓

夏は特に気をつけたいスキンケア

スポンサーリンク



夏は特に日光や汗の影響を受けやすいので、注意が必要です。

どんなことに注意して過ごしたら良いでしょうか?

清潔

夏は特に汗をかきやすく、ベタベタとした皮膚にはほこりや食べ物

細菌などがつきやすくなってます。

そのままにしておくと皮膚トラブルの原因になってしまうので、

早めに汗を拭き取る、そして皮膚に優しいせっけん、ボディーソープなどで

よく泡立て、こすらずに洗って、よく流してくださいね。

 

せっけんが残ってしまうと、皮膚トラブルの元になってしまいます。

 

保湿

先ほど説明させて頂いた、バリア機能を保つためには肌が

いつも清潔しっとりしてることが重要です。

乾燥は冬のイメージですが、夏もエアコンなど、

思った以上に皮膚は乾燥しています。

バリア機能を低下させないためにも、しっかりと保湿することが必要なんですね。

 

紫外線

夏は海や山、プールなどに出かけることも多いですが、

「日焼け」で赤くなって腫れたり、水ぶくれができてしまったりします。

紫外線は1日のうちで11時~13時、

1年のうちでは5月~7月が強くなります。

涼しいうちに活動する、帽子をかぶる、

日焼け止めを塗るなどの「日焼け対策」をして日焼けを防いでくださいね。

こちらで「日焼け対策」について書かせて頂いているので、合わせてご覧になってくださいね↓

こちらで「紫外線アレルギー」について書かせて頂いているので、合わせてご覧になってくださいね。↓

虫刺され

平成26年の夏に東京の代々木公園で、

国内では69年ぶりとなるデング熱の感染が確認され、

感染者は同10月末までに全国で160人となりました。

デング熱は病原体のデングウイルスに感染したことで、

急な高熱、頭痛や筋肉痛、発疹などの症状がみられます。

 

ワクチンや有効な治療薬はなく、ごくまれに一部の患者では

出血などをおこす重症のデング出血熱になる場合があり、

海外では死亡したケースもあるようです。

また、マダニにかまれてウイルス感染し、亡くなる人もでています。

こちらで、「スズメバチの対処法」について書かせて頂いています。夏から秋にかけて活動が活発になるので、こちらも注意したいですね。↓

こちらで、堂珍敦子さんが虫刺されで蜂窩織炎になって足が腫れあがってしまった時のことについて書かせていただいています。↓

 

こちらで、「虫刺されの跡をを消す方法」について書かせて頂いているので、合わせてご覧になってくださいね。↓

スキンケアのポイント

お風呂で温まりすぎると皮膚の痒みが強くなったり

皮脂が必要以上に落ちてしまいます。肌トラブルが

ある場合はシャワーの方が清潔で、おすすめです。

子供はたくさん汗をかきます。

こすらず、押さえるようにタオルや制汗シート等でこまめに汗を拭き取ってくださいね。

できれば、入浴後5分以内に保湿剤をぬるのが理想です。 

お布団のかけすぎ、着せすぎはあせもの原因になってしまいます。

もし、掛布団を蹴っているようなら、お子さんは暑いと感じてるかも

しれません。しかし、そのことに気づかない子供は多いと思います。

調節してあげてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

冬は乾燥が気になりますが、夏も子供の肌は気をつけたいことが

結構ありますよね。

しかし、肌トラブルを起こしてしまうと病院に行くなどもっと

手間がかかってしまいます。

また、暑い夏を元気に乗り切るためにも「夏バテ」しないように過ごしたいですよね。

こちらに「夏バテ対策レシピ」をまとめていますので、合わせてご覧になってくださいね。↓

できるだけ肌トラブルを起こさないためにも予防しておくことは

大切ですね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す