麻疹・風疹の接種日を高校に提出!予防接種の確認の仕方は?

お子さんは麻疹・風疹の予防接種は二回受けてますか?

接種時期と接種回数

第1期:1歳代で1回接種できます。

第2期:小学校入学の前年(幼稚園や保育園の年長クラス)1年間に1回接種します。
 

スポンサーリンク

はしかは怖い病気

はしか(麻疹)は感染力が強く、死亡することもある怖い病気です。空気感染、飛沫感染、接触感染、いずれの方法によっても感染するので感染力が強いです。症状としては肺炎や中耳炎を合併しやすく、1000人に0.5~1人の割合で脳炎を合併します。

2007年に大学ではしか(麻疹)が大流行し、多くの大学で休校措置が取られたことから入学前に「予防接種証明書」の提出が義務付けられている大学もあるようです。そのため高校に接種日を記載した書類を提出。受けてない生徒は早めに受けて下さいと高校から説明がありました。

予防接種は保健センターで確認できる!

母子手帳を確認してみましたが、1回目は受けていますが、2回目が見当たりません。かかりつけの病院で聞いてみましたが、カルテは古いものは処分されていたので分かりませんでした。

その時事務の方が保健センターで確認できると教えてくれました。どこの医療機関で受けていても確認できるそうです。

早速電話してみると、すぐ教えてくれました。二回目の麻疹・風疹の予防接種も受けてました!どこの医療機関で受けたか、いつ受けたかは保健センターの窓口でないと教えてもらえないのですが、母子手帳と保険証を持っていけば教えてくれます。

接種していないと思って二回目を受ける方もいるようなのですが、自費接種することになります。麻疹風疹混合ワクチンでは医療機関によりかなり幅があり、8000円~12000円くらいかかってしまいます。

もし、母子手帳で確認できない場合はぜひ保健センターに確認してみてくださいね。

にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す