土浦駅周辺サイクリングの拠点のアトレって?駅ビル内や図書館アルカス情報も!

10月に行われる土浦全国花火競技大会の最寄り駅JR土浦駅周辺情報をご案内します。

駅ビルの開発が進められていたり、市役所や図書館など公共施設も集まっています。

写真も含め周辺情報をお伝えします。


スポンサーリンク




土浦駅周辺情報

 

JR土浦駅と駅ビルの「PLAYatre TSUCHIURA」(プレイアトレ土浦)です。

左に見えるのは図書館のアルカス土浦です。

 

 

 

土浦駅改札口です。

 

 

土浦駅ビル内

駅ビル2階にはフードコートがあります。

特にハンバーガーショップ「ロッテリア」は人気が高く、テリヤキバーガーがおすすめです。

 

 

 

一階には「TULLY’scoffee」(タリーズコーヒー)やコンビニの「ミニストップ」があります。

 

スポンサーリンク



土浦駅がサイクリングの拠点に?

2018年3月29日にオープンした「PLAYatre TSUCHIURA」(プレイアトレ土浦)は土浦駅ビルの地上5階・地下1階の建物が丸ごと自転車施設となる予定です。

 

 

 

1983年に誕生したJR土浦駅ビルは35年の歴史があります。

 

そんなJR土浦駅ビルが全国初となる日本最大級のサイクリングリゾートPLAYatre(プレイアトレ)になりました。

全長180kmのつくば霞ヶ浦りんりんロードの拠点ともなります。

 

現在はサイクルショップとサイクルカフェ、駐輪場やレンタサイクル、ロッカースペースやシャワールームがオープンしています。

 

1階には「りんりんスクエア土浦」が全国初の駅直結型サイクリング拠点として、「プレイアトレ」とサイクルショップの「ル・サイク」とともに運営しています。

 

 

つくば霞ヶ浦りんりんロードは、県道桜川土浦潮来自転車道線と霞ヶ浦湖岸道路を合わせた全長約180kmのサイクリングコースです。

 

 

第2弾は2018年11月に延べ床面積500坪のカフェやレストラン・クッキングスタジオを含む食のゾーンがオープンする予定となっています。

そして第3弾として2019年5月には茨城県内の美味しいものを集めたフードマーケットでベーカリー、スイーツショップなどオープン予定です。

さらに最終グランドオープンは2019年秋に自転車と泊まれるサイクリスト向けのホテルがオープンする予定です。

90室程度、10,000円以下で泊まれるカジュアルなホテルが誕生します!

土浦駅に隣接する図書館アルカス土浦

また、隣接する図書館「アルカス土浦」は2017年11月27日にオープンしたばかりでとても綺麗です。

 

館内の座席は600席!建物内は天井が高く、窓も大きくて気持ちがいいです。

 

落ち着いて本を読んだり、勉強ができるスペースがたくさんあります。

 

また、屋上に行くこともできます。図書館内は撮影禁止のため、外観のみの撮影となります。

 

開館時間

土浦市立図書館(アルカス土浦内) 平日 午前10時~午後8時
土曜日・日曜日・祝日 午前10時~午後6時

 

休館日

土浦市立図書館(アルカス土浦内) 月曜日(第1月曜日・祝日を除く)、12月29日~1月4日、特別整理日

 

 

詳しくは公式サイトにてご確認ください⇒土浦市立図書館

土浦駅前の土浦市役所

アルカス土浦の屋上からも眺めもいいです。

右手に見えるのは土浦市役所です。

左側がJR土浦駅です。

西口に降りると目の前に市役所があります。

 

 

土浦市役所は庁舎の老朽化のため、また部署も各庁舎に分散してたことから、複合施設のウララのテナントだったイトーヨーカドー土浦店の跡地に移転し、新市庁舎は、2015年9月24日に開庁しました。

ガラス部分はエレベーターになっていて、駅周辺を見下ろすことができます。

また、地下一階にはスーパーマーケットの「カスミ」や和菓子の久月などがあります。

一階には「和風カフェしゅしゅ」があります。

まとめ

いかがでしたか?

今回は土浦駅周辺の施設などをご紹介しました。

今後は土浦市役所地下一階にある和菓子の久月や一階にある和風カフェしゅしゅについてご紹介したいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク



おすすめの記事と広告



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す