土浦駅周辺のお土産・お菓子の久月のモンドセレクション金賞銀賞商品とは?

10月に行われる土浦全国花火競技大会の最寄り駅JR土浦駅周辺情報をご案内します。

お土産に何を買おうかなと思われてる方におすすめのお菓子をご紹介します。

お菓子の久月は茨城県南地域に16店舗を展開しています。

2016・2017年と2年連続で金賞を受賞したお菓子も販売しており、お土産におすすめです!


スポンサーリンク



土浦駅周辺のお土産におすすめのお菓子の久月

JR土浦駅西口の正面には土浦市役所があります。

写真向かって左が土浦駅、右が土浦市役所です。

今回おすすめするお菓子の久月はその土浦市役所の地下一階にあります。

 

 

 

エスカレーターで降りると、右側に店舗はあります。

 

 

 

モンドセレクション金賞受賞「帆引れんこん物語」

 

久月のおすすめの商品をご紹介します。

モンドセレクション2年連続金賞受賞商品の「帆引れんこん物語」というお菓子です。

スポンサーリンク



モンドセレクションとは?

モンドセレクション(Monde Selection)は、食品、飲料、化粧品、ダイエット、健康を中心とした製品の技術的水準を審査する民間団体で

1961年、ベルギーの首都・ブリュッセルに設立以降、数々の消費者製品を試験、評価し、優秀品質ラベルを授与しています。

毎年 70名の専門家たちが 世界各地から寄せられた製品に対し、試験やテイスティングを行います。

試験の結果により、これらの製品には 消費者への品質の保証となる 優秀品質賞が授与され、各種 トロフィーが贈られます。

そんなモンドセレクションを2016年・2017年と2年連続で受賞しているのが、こちらの「帆引れんこん物語」です!

こちらのセットは5枚入りで600円+税で648円でした。

単品や箱入りなども販売されていました。

 

 

 

2010年に開発された「霞ヶ浦帆引れんこん物語」は産んで24時間以内の新鮮な卵と小麦粉を使った生地に地元の乾燥輪切りレンコンとアーモンドをのせて焼きあげたお菓子です。

 

土浦市は日本一のレンコンの産地としても知られています。

また、レンコンってパリパリの食感も美味しいんですよね~

 

また、土浦市にある霞ヶ浦の漁法として知られる、風力を利用して網を引っ張る帆引き船がパッケージに描かれていることからもお土産としておすすめな理由です。

 

ちょうど帆の部分からお菓子が見えるようになってます。

形を帆引き船の帆に見立てて作られているからです。

写真のように少し反った形になっています。

アーモンドのスライスと真ん中に輪切り蓮根がのっています。

 

 

 

限界まで伸ばした薄い生地がサクッとした食感を生み、

アーモンドの香りが広がります。

 

焼き菓子の香りと上品な甘さでペロリと食べられます。

 

賞味期限も長めで今回購入したものは3ヶ月半先でした。

 

すぐ渡すことができない人のお土産にもおすすめです。

こちらは商品紹介動画です。よろしければご覧になってくださいね。

 

 

モンドセレクション銀賞受賞「千代田の栗」

 

同じく「お菓子の久月」のおすすめに和菓子の「千代田の栗」がありますので、ご紹介しますね。

「千代田の栗」は2016年・2017年の2年連続でモンドセレクション銀賞を受賞しています。

土浦駅周辺お土産和菓子

こちらは献上銘菓 千代田の栗です。

久月の代表的な和菓子で昭和49年、茨城国体に昭和天皇が来県された時に献上されたのが、「千代田の栗」です。

その当時は栗饅頭という名称でしたが、この献上をきっかけに現在の皇居である江戸城は別名「千代田城」ともいわれていることから、「千代田の栗」と命名されました。

 

こちらは2個入りで340円+税で367円のセットです。

モンドセレクション銀賞受賞や献上について書かれているので、お土産におすすめです。

他にも単品や箱入りなどで販売されています。

パッケージも和の雰囲気ですね。

中はこのようなお饅頭が入っています。

 

半分に切ってみると中には栗が入っていました。

丸ごと1個入っていました。

 

栗と白餡と皮のバランスが良く、上品な甘さです。

栗の味が引き立ちます。

 

茨城県は、栽培面積・収穫量ともに全国1位を誇る栗の産地です。

地元名産の栗を使ったお菓子なので、お土産に最適です。

 

こちらは「千代田の栗」の動画です。

最後の方、7:26頃から「千代田の栗」の紹介が少しですが、あります。
他のお菓子の製造過程なども見れるので、よろしければご覧になってくださいね。

住所 土浦市大和町9-1
TEL / FAX 029-821-1201
営業時間 午前10:00~午後7:00
定休日 元旦
アクセス 土浦市役所立体駐車場

 

閉店時間は花火大会の日も変わらず午後7時となっています。ご注意ください。

まとめ

こちらに詳しく書かせて頂いてますが、土浦駅ビルは現在開発途中です。

今後2018年11月にレストランゾーン、2019年5月にお土産の購入できるフードゾーンがオープンする予定ですので、2018年の土浦全国花火競技大会時には駅ビルにお土産が購入できる場が少ないことが予想されます。

 

市役所ビル地下1階にある「久月」は駅からも近く、おすすめです。

 

また、同じ市役所ビル1階にある「和風カフェしゅしゅ」もちょっと休憩したい時におすすめです。

こちらで詳しく書かせて頂いてますので、よろしければご覧になってくださいね。

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク




おすすめの記事と広告



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す