土浦全国花火競技大会2018混雑や交通規制は?最寄り駅の入場規制はある?

「土浦全国花火競技大会」は秋田の「大曲の花火」、新潟の「長岡まつり大花火大会」と合わせて「日本三大花火大会」と呼ばれています。

例年70万人の人手で賑わう秋に行われる花火大会です。

今回は土浦全国花火競技大会2018混雑やアクセス、見どころや穴場などをご紹介します。


スポンサーリンク



土浦全国花火競技大会2018日程や時間は?

 

開催日時:平成30年10月6日(土) 18:00~20:30

残念ながら大会途中で中止になりました。

土浦全国花火競技大会2018打ち上げ場所は?

開催場所  桜川畔(学園大橋付近)

 

土浦全国花火競技大会アクセス

土浦全国花火競技大会、会場までのアクセスを電車と車に分けてご紹介しますね。

土浦全国花火競技大会に電車でお越しの場合

最寄りの駅はJR常磐線土浦駅です。
上野駅から普通電車で約70分、特急電車で約45分かかります。

 

毎年臨時列車が増発されます。

 

会場周辺へは約2.5kmありますので徒歩だと約30分かかります。混雑の状況次第ではもっとかかってしまいます。

 

JR土浦駅から花火大会会場へは有料ですが、シャトルバスが出てますのでご利用になってくださいね。

シャトルバスは片道大人で240円、子供は120円で会場までは10分くらいです。

土浦全国花火競技大会最寄り駅の入場規制はある?

 

JR常磐線土浦駅帰りの時間帯は更に込み合います。

 

こちらの動画のように、バスはどんどん乗客を乗せてくるのですが、駅に入れないという^^;

 

 

昨年も駅の入場規制がありました。

だいたい20時くらいから混みだして21時にはピークになります。

入場規制は22時半くらいにならないと解除できないことが多いです。

 

特急券を持っていても優先的に入場はできないため、特急券を持っていても乗れなかった方もいらっしゃいます。

特急券をご購入の際はご注意ください。

こちらの土浦市駅周辺情報が写真つきで記事にしてますので、ご覧になってください。

 

土浦全国花火競技大会に車でお越しの場合

  • 東京方面から
    常磐自動車道 桜土浦IC降車 国道6号経由 約5km
  • 水戸方面から
    常磐自動車道 土浦北IC降車 国道6号経由 約5km

当日は午前中から混みだし、15時頃から渋滞し始めます。

土浦花火大会の駐車場の情報

土浦の花火大会では、無料及び有料の駐車場をあわせて約5000台分の駐車場が準備されています。

会場近くの駐車場は午前中からどんどん満車になります。

会場周辺も午前中から混みだし、15時くらいには渋滞し始めます。

14時半から通行禁止になる場所もあり、混雑しはじめます。

こちらは昨年の交通規制図ですので、確認してくださいね。

交通規制図

土浦全国花火競技大会無料駐車場

花火会場から離れた場所が多いです。徒歩では厳しいので車を停めてバスを利用し、会場まで向かわれる方も多いです。

 

1、土浦市立武道館駐車場(9時より利用可能)
駐車台数:90台

2、上高津貝塚ふるさと歴史の広場(9時より利用可能)
駐車台数:100台

3、土浦市民会館駐車場(13時より利用可能)

駐車台数:200台

4、茨城県土浦合同庁舎前駐車場(13時より利用可能)

駐車台数:200台

5、茨城県土浦合同庁舎職員東駐車場(13時より利用可能)

駐車台数:100台

6、土浦市職員かね喜裏駐車場(9時より利用可能)

駐車台数:150台

7、土浦第二小学校(9時より利用可能)

駐車台数:50台

8、霞ヶ浦総合公園駐車場(13時より利用可能)

駐車台数:600台

9、滝田一丁目臨時駐車場(13時より利用可能)

駐車台数:300台

土浦全国花火競技大会有料駐車場

無料駐車場よりは近いですが、徒歩30分くらいはかかると思います。

1、土浦駅東駐車場駐車台数:1200台駐車料金:1時間200円/一日最大2000円

2、土浦駅西駐車場

駐車台数:470台

駐車料金:1時間200円/一日最大2000円

3、土浦一中校庭(9時より利用可能)

駐車台数:300台

駐車料金:1台1000円

4、下高津小(9時より利用可能)

駐車台数:100台

駐車料金:1台1000円

5、第一給食センター(9時より利用可能)

駐車台数:50台

駐車料金:1台1000円

6、茨城県土浦保健所駐車場(9時より利用可能)

駐車台数:100台

駐車料金:1台1000円

7、土浦市保健センター駐車場(9時より利用可能)

駐車台数:100台

駐車料金:1台1000円

8、茨城県土浦土木事務所駐車場(9時より利用可能)

駐車台数:80台

駐車料金:1台1000円

9、土浦四中校庭(9時より利用可能)

駐車台数:200台

駐車料金:1台1000円

10、宍塚臨時駐車場(13時より利用可能)

駐車台数:70台

駐車料金:1台2000円

*昨年の大会駐車場と金額になります。

 

会場から徒歩30分以内の場所では至る所に花火鑑賞の人々がいます。

橋の上や道路に至るまでびっしりです。

シートを敷いて座っている方も多く、暗い中車で進むのは危険です。

早めに駐車場に車を停めて席を確保することをおすすめします。

こちらに写真つきで詳しく紹介してますので、よろしければご覧になってください。

土浦全国花火競技大会の見どころや特徴

土浦全国花火競技大会は、毎年10月に行われる花火大会です。

元々は航空隊殉職者の慰霊と関東大震災後の不況で疲弊した土浦の経済を活性化するという趣旨で始められたのですが、

この花火大会が不況にあえぐ商店街に好況をもたらしたことから、地元の商業者の協力を得られるようになりました。

なぜ秋に行われるかというと、実りの秋を祝い、農民の勤労を慰めるという意味もあります。

秋田県の「大曲の花火」、新潟県の「長岡の花火」に並ぶ、日本の三大花火大会と呼ばれ、全国的に知名度の高い花火大会となっています。

例年20,000発の花火が打ち上げられ、70万人近い人出で賑わいます。

 

平成12年からは、観る人に感動を与えたと認められる最も優秀な花火師に内閣総理大臣賞が授与されるようになりました。

これは、土浦と大曲の花火大会だけに授与される賞で、全国の花火師がその腕を競い合う場となっています。

 

そのため、他の花火大会では見られないようなちょっと変わった花火や、技術を駆使した花火など、珍しい花火が見られるのが特徴です。

たまに何の花火なんだろう?と思っていると、キャラクターや数字だったりします。何度も角度を変えて上がるので、そのうちどんな形の花火か分かります。

また、10月に行われるため、夜はグッと気温が下がります。土浦市の気温は、最高気温22℃、最低気温14℃程度です。

ぜひ、羽織る物を持参してくださいね。ひざ掛けなどを持ってくる方も多いですよ。

 

土浦全国花火競技大会スターマイン

 

スターマインとは速射連発する花火のことで、短時間に数十〜百発の大量の花火玉を連続的に打ち上げていきます。

 

特に土浦全国花火競技大会は【スターマインの部】【10号玉(尺玉)の部】【創造花火の部】の3つの部門で競われるのですが、特にスターマインの部が有名で、「スターマイン日本一」を決める大会とも言われています。

 

中でも「ワイドスターマイン土浦花火づくし」は見ごたえがあります。

「ワイドスターマイン土浦花火づくし」は大会が提供する花火で大迫力のスターマインが桜川を覆い尽くします。

このワイドスターマインは競技とは別枠で、観覧にいらっしゃった皆さんに喜んでもらうために披露されるものです。

大会中盤のクライマックス、ぜひお楽しみください!

 

土浦全国花火競技大会の屋台

屋台も土浦全国花火競技大会の特徴の1つと言えます。

ここでは1000店もの屋台が出店されます。

桜川沿いの桟敷席付近が一番屋台の集中している場所ですが、会場付近ならどこにでも屋台が並んでいます。

早いお店はお昼頃から始まり、ほとんどの屋台は15~16時頃に準備が完了し、出揃います。

会場は15時頃から渋滞なども出始めるため、早めに会場に到着し、屋台を楽しみ、18時から打ち上げ開始となりますので、

少し早めに切り上げるのがお子さん連れのご家族にはおすすめです。

18:00~20:30までと二時間半もありますし、フィナーレが見れないのはちょっと残念かもしれませんが、帰りがとてもスムーズになります。


スポンサーリンク



土浦全国花火競技大会の場所取りのコツは?

土浦全国競技花火の有料席は、打ち上げ会場である桜川河川敷となっています。

席は桟敷席で6名まで入ることができる全マスは22,000円、3名まで入ることができる半マスは11,000円となっています。

 

しかし、チケットは毎年すぐ完売になり、なかなか取れません。

 

チケットが手に入れば、最高の場所で花火を鑑賞することができます。

 

桟敷席のチケットについての詳細はコチラです。

 

しかし、周りには花火をしっかり見れるスペースがたくさんあります。

 

ただ、場所取りの解禁は前日の12時となっていますので、有料席近くはすぐ埋まってしまいます。

 

土浦全国花火競技大会付近のイオン土浦店

 

イオン土浦店、ニトリ土浦店は毎年花火大会当日は休業日となっており、駐車場も利用できませんので、ご注意ください。

 

土浦全国花火競技大会穴場スポット

市内は混雑しますので、どの場所もギリギリだと厳しいかもしれませんが、地元の方がよく見ている場所をご紹介します。

 

桜川に沿った土手沿い

打ち上げ場所は土浦の桜川ですので、川に沿った土手沿いが、花火がよく見える穴場スポットで大音響が体に響きます。

10月といえども虫よけが必要です。

 

イオン近くの6号バイパス下

打ち上げ会場から近く花火も良く見えるスポットです。こちらも屋台がずらっと並びます。

穴場ではありますが、道路沿いになりますのでお子さま連れの際は目を離さないようにご注意ください。

 

 

上高津貝塚ふるさと歴史の広場

敷地は約5haの広さがあり園内は芝生広場が広がる穴場スポットです。

駐車場は100台停められ、無料ですので少し離れた場所ではありますが、例年午前中には満車になってしまうそうなので、お早めに!

霞ケ浦総合公園の風車周辺

霞ヶ浦総合公園は、例年600台の臨時駐車場にもなっています。

会場から離れているので、混雑は緩和され、打ち上げ花火が観賞できる穴場スポットです。

 

こちらに霞ヶ浦総合公園の駐車場について写真付きで紹介してますので、ご覧になって下さい。
また、アスレチックなどお子さんが楽しめる遊具なども紹介しています。

土浦市ランチ

こちらには土浦市でおすすめのランチを写真つきで紹介しています。

土浦市お土産

駅前のお土産といえばこちら

まとめ

花火大会をお子さんと楽しむためのポイント!

・時間に余裕をもって会場入りしてくださいね。目安は場所取りも含めて3時間前がおすすめです。

・飽きてしまったり、花火の音にビックリしてしまうお子さんもいます。小さい頃はお子さん優先で様子を見て撤収もお考えくださいね。

・会場は人が多く、蒸し暑いです。熱中症にならないよう、水分・塩分を補給してあげてくださいね。

・会場は人が多く、迷子にならないように気をつけましょう。キッズ携帯などがあれば、念のため持たせておくと安心です。

しかし、会場は携帯が繋がりづらくなってますので、目を離さないのが一番です。

・帰宅ラッシュで混みあいます。お子さんがいらっしゃる場合は花火が終わる前に帰る支度をする。帰りながら見るなどの対策をされている親御さんが多いです。

 

持って行くと便利なアイテム

・レジャーシート

・飲み物

・軽食・おやつ

・虫よけスプレー

・雨具

・カメラ

 

お子さんと一緒に楽しい花火大会をお過ごしください。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



おすすめの記事と広告



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す