子供のお小遣いはいくらあげてる?小学生のうちに金銭感覚を身につけよう!

皆さんはお子さんにお小遣いをあげていますか?うちはたまにもらえるおじいちゃん、おばあちゃんからのお小遣いで賄っています。

お小遣いをもらったら、そこから貯金をします。貯金は教育資金の口座とは別の娘がもらったお小遣い用の口座を新たに作ってそこに貯めています。口座の金額が増えていくのが楽しいみたいです。

お金の管理は人生を通じて重要なことですが、学校で習わないので、家庭で少しずつお金のことについて教えていくことが大切だと思います。

お小遣いはいくらもらってるの?

低学年 200~300円

・お菓子などを購入するために与える。

・文房具や漫画は親が判断して購入する。

中学年 300~500円

・お菓子や漫画などを自分で考えながら買うために与える。

・文房具は親が必要な時に購入する。

高学年 700~800円

・お菓子・漫画・文房具などを計画的に購入するために与える。

小学生のお小遣いについては「学年×100円」という定番の考え方が浸透しているようです。

スポンサーリンク



お手伝いしたらお小遣いがもらえるのは良いの?悪いの?

お風呂掃除に30円、玄関を掃除したら30円などお手伝いに対してお小遣いを渡す方法は「働いてお金を稼ぐ」ことを学べる一方、お手伝いをお願いしたら「いくらくれるの?」と言われてしまう可能性があり、賛否両論があります。

私としては お手伝いは気持ちでして欲しいので、報酬制は取り入れていないです。

それだとお金を稼ぐことの大変さを学ぶことができないんじゃない?

確かにそうなんです。お金は学年が上がったら自動的に100円プラスされるんでしょ?と思われてしまうとお金は簡単には手に入らないことを学ぶことはできません。そんなときの対策として、

定額制+報酬制を取り入れてる方もいます。

少なめのお小遣いを定額制のお小遣いとして設定し、お手伝いをしたら報酬をプラスする方法です。

ちょ、ちょっと待ってよ!さっき報酬制は取り入れてないですって言ってたよね?矛盾してるよ?そんな皆様の声が聞こえてきそうです^^;

報酬制は抵抗があるのですが、お金を稼ぐことの大切さをどう学ばせていくか?は頭を悩ませるところなのです。

そこで、頑張ったご褒美制はいかがでしょうか?

提案1

お手伝いを頑張れたら好きなおやつをプラスするというのはいかがでしょうか?

また、一ヶ月単位でのご褒美にして漫画や本を買ってあげるというのも良いかなと思います。

提案2

夏休み限定にしてみる!

夏休みの間、毎日お手伝いをお願いして、夏休みの終わりに頑張ったご褒美として金額を決めて好きなものを買ってあげるのはいかがでしょうか?

ポイント

感謝の気持ちをしっかり伝える。

「助かったよ」などと伝えると「自分も役に立った」という思いから、自己肯定感にも繋がります。

提案1、2共にご褒美をあげる時には最初からご褒美について子供に説明しておくと良いです。また、「お手伝いしてくれてありがとう!頑張ってくれたから、ご褒美をあげるね。」などときちんとなぜご褒美をあげるのかを伝えて下さいね。

前借はNG

「お小遣いを使い切ってしまったから翌月分のお小遣いをちょうだい」と言われることもあるかもしれません。でも、前借は良くありません。将来ローンに苦しむ我が子が見えてきそうで怖いですねしかし、困ってる我が子を見ると、かわいそうな気持ちになってしまいそうです。我慢することを学べる機会として私も頑張りたいと思います。

兄弟や友達とのお金の貸し借りは金銭トラブルになってしまうかもしれませんし、将来的にもお金の貸し借りを安易に考えていると大変なことになってしまいます!絶対お金の貸し借りはしてはいけない!と強く伝えることも重要だと思います。

おこづかい帳をつけてみよう!

お金の管理を学ばせたいなら、おこづかい帳をつけてみるのがお勧めです。でも、なかなか習慣化されるまでには時間がかかるので、長い目で見ることが大切です。

メリット

・金銭感覚が身につく

お金の価値が分かるようになります。ものの値段にも興味がわくようになるので、同じものでもお店によって値段が違う事やお金を貯めて欲しいものを買うことを学べるように促してあげると良いですよね。

・無駄遣いが減る

無駄遣いがあってもいいと思います。「これは勿体なかったなあ」と思えることが成長に繋がります。私も家計簿を長年つけていますが、なかなか無駄遣いは無くなりません。そう考えると多少の無駄遣いは大らかに考えられますね。

・物を大事にするようになる

必要のないものは買わないように、一度買ったものは再び買わなくて済むようにしたいので、大事に使おうと思うようになります。

・計画的になる

欲しい物リストを作り、どうしたら買えるようになるかを考えるのもいいと思います。

 

おこづかい帳のつけ方

最初は楽しくお絵かきをしたりシールを貼ったりしながら、可愛くおこづかい帳をつけてみるのはいかがでしょうか?

 

続くようになったら好きなお小遣い帳を買って

  • うちわけ
  • もらったお金
  • つかったお金
  • のこりのお金

をしっかり記入し、一ヶ月に使った金額、予算内に納まったかどうかなどを計算し、振り返ることが大切です。家計簿と同じで記入するだけでは効果が半減してしまいます。

お子さん1人では難しいと思いますので、一緒に集計してあげてくださいね。

私も家計簿でよくするのが「無駄遣いチェック」です。子供が無駄だったな~と思える品物などに蛍光ペンや赤ペンなどで線を引いておくことで意識がハッキリします。

まとめ

いかがでしたか?将来いくらお給料がもらえる職業に就けても、お金遣いが荒いと身を滅ぼす元になってしまいます。きちんと家計管理ができる大人に育てるためにも、今からしっかり金銭感覚を身に着けておくことが大切です。

 

にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す