子供の熱中症の症状めまいやけいれん、嘔吐や頭痛、高熱にどう対応する?

熱中症は高温・多湿の環境下で大量に汗をかくことで、体の水分やナトリウムのバランスが崩れたり、体温の調節ができなくなることで起きる様々な症状の総称です。

地球の温暖化やヒートアイランド現象によって日本の夏は年々暑さが増しています。真夏日や熱帯夜では熱中症で亡くなる方が増加しています。

子供の症状によってはすぐ病院に連れて行かなければなりません。そのためにも熱中症の症状について確認しておきましょう。

今回は次の項目に焦点を当ててまとめました。

・子供の熱中症の症状めまいやけいれんはどう対応する?

・子供の熱中症の症状嘔吐や頭痛はどう対応する?

・子供の熱中症の症状高熱や発汗が止まる時はどう対応する?

 


スポンサーリンク



子供の熱中症の症状どう対応する?

子供は大人よりも体の新陳代謝が活発で平常時の体温が高めです。

一日のうちで体温の変動が起こりやすく、体温がすぐに上がります。このため一度体温が上がると平熱に戻りにくく、体に熱をためてしまい、熱中症になりやすいといえます。

 

熱中症は重症度によってⅠ度、Ⅱ度、Ⅲ度に分類されます。

重症度によって応急処置が違ってきます。

子供の熱中症の症状めまいやけいれんはどう対応する?

分類Ⅰ度:熱失神

全身の血流が低下して血圧が下がり、めまいや失神を起こします。

高温・多湿の場所で長時間にわたって活動すると、大量に汗をかいて脱水症状を起こしたり、一時的に脳への血流が減少し、めまいや立ちくらみ、頭痛、吐き気などが起こります。

 

熱失神の症状

・顔色が悪くなる

・一時的に意識を失う

・体温は平熱で発汗はある

・反応が鈍くなる

・血圧が低下し、脈拍が弱く速くなる。

・脱水症状が起こりはじめる

分類Ⅰ度:熱けいれん

大量の発汗で血中のナトリウム量が減少。手足などの筋肉がけいれんを起こします。

炎天下で運動をしたときや温度・湿度の高い室内などで大量に汗をかいた時に体内のナトリウムが失われてしまいます。

この時水分だけ補給すると血液中のナトリウム濃度が低下して筋肉の収縮が起きやすくなり、手足のけいれんや筋肉痛が起こります。

熱けいれんの症状

・顔色が悪くなる

・大量の汗

・脈拍が弱く速くなる

・筋肉のけいれん

・筋肉痛

・こむら返り

・体温は平熱

熱失神と熱けいれんはⅠ度で比較的軽症です。

では、母として応急処置はどのようにしたらよいのでしょうか?

まず、意識の有無を確認してください。

意識があることが確認できたら、風通しのよい日陰やエアコンの効いた屋内に異動します。

めまいや立ちくらみ、筋肉のけいれんなどがある場合は衣服を緩めて風通しをよくし、水分と塩分を補給して休ませます。

スポンサーリンク



分類Ⅰ度の応急処置

日陰などで休ませ、経口補水液やスポーツドリンクなどの水分を補給する。

子供の熱中症の症状嘔吐や頭痛はどう対応する?

分類Ⅱ度:熱疲労

大量の発汗で脱水症状が現れ、頭痛、吐き気、嘔吐、全身の倦怠感、虚脱感などが起こります。

大量の汗をかいたときに水分やナトリウムを補給しないでいると、脱水症状が起こり、体液が不足して全身の血液量が減少します。

これにより食欲減退や全身の倦怠感、吐き気や嘔吐などが起こります。

適切な処置が遅れると、より重い熱射病に悪化してしまいます。

熱疲労の症状

・呼吸は速くなる

・強い虚脱感や疲労感

・脈拍と血圧は低下する

・脱水症状

・体温は平熱~40℃以下

分類Ⅱ度の応急処置

病院へ搬送して点滴を受ける必要があります。

子供の熱中症の症状高熱や発汗が止まる時はどう対応する?

分類Ⅲ度:熱射病

脳による体温調節の機能が失われ、体温が40℃以上に上昇し、発汗が止まります

ひきつけや呼びかけや刺激に反応しなくなるなどの意識障害が起こります。

高温・多湿の環境で脱水症状が起こり、それが進行すると脳の温度が上昇し、脳がつかさどる体温の調節機能に異常をきたします。

汗が止まり、体温は急激に40℃を越え、皮膚は赤く乾燥します。

吐き気や頭痛全身のひきつけのほか、重篤になるとこん睡などの意識障害が起こります。

熱射病の症状

・40℃を超える高熱

・脈は速い

・血圧は初期は高く、のちに低下する

・発汗が止まり、皮膚が乾燥する

・こん睡、全身けいれん、錯乱などの意識障害

分類Ⅲ度の応急処置

ただちに病院へ搬送して治療を行ってもらう必要があります。

意識がない時や自分で水分補給ができないときは分類Ⅲ度と判断して早急に病院に搬送してください。

 

熱中症の重篤な症状

熱中症は治療が遅れると亡くなることもあります。また、命が助かっても後遺症が残ってしまうこともあるのです。

それは脳の温度が上昇し、神経細胞が一度「えし」してしまうと、脳細胞は再生しないという説があり、一命をとりとめても後遺症が残るおそれがあります。

体温が40℃以下では発汗が大量になり、脱水症状が起こる

熱射病になり、体温が40℃を超えて上昇する

脱水症状が極度に進み、発汗が止まる

・多臓器不全

肝臓や腎臓,肺など生命の維持に欠かすことのできない重要な臓器が同時または連続的に機能不全に陥った状態をいいます。

・嚥下(えんげ)生涯

口の中のものを飲み込んで胃に送ることで、飲み込む動作が上手くできない状態を嚥下障害といいます。

・言動に異常

・こん睡・けいれん

・高度の意識障害

後遺症が残ったり、亡くなるケースもあります。

まとめ

私達親がしてあげれることは、判断することがメインになります。

治療は医師にお願いするしかないですものね。

しかし、危険をすばやく察知し、病院へ搬送できれば、危険を回避できるかもしれません。

 

ただ、危険だと判断できること以上に熱中症にかからないようにすることです。

 

そのためにもぜひ熱中症予防をしてくださいね。

 

こちらで熱中症予防について書いています。ご覧になってくださいね。

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す