子供の夏の寝汗の原因は?着替えの対策は?頭をどうすると寝つきが良くなる?

暑さ対策

子供がいつも大量の寝汗をかくと、脱水症にならないか、寝冷えして風邪をひかないかなど心配になりますね。

髪の毛がびっしょりになるくらい汗をかいていて、寝ている時の着替えについても悩まれる方も多いようです。

今回は子供の寝汗の原因や着替えの対策についてお話しします。

スポンサーリンク

子供の夏の寝汗の原因は?

なぜ子供は大人よりも寝汗をかくのでしょうか?

いくつか理由があります。

子供は大人よりも汗をかきやすい

子供は大人よりも体温が高いことはよく知られていることですね。

大人より一枚薄着でちょうど良いと言われています。

ほかにも代謝が活発であることや、体内の水分量が多い、体温を調節する機能が完全に出来上がっていないことなども大人より汗をかきやすい理由です。

子どもと大人ではからだや頭の大きさは全然違うのに、汗腺の数は同じだそうです。

皮膚にある汗腺の密度が子どもは高いのです。

子供が大人よりも汗っかきなのは当然ですね。

体温調節のために寝汗をかく

汗をかくのは体温調節のためです。

人が眠る時というのは、体温が下がることで脳が覚醒から入眠へと転換をします。

子供が眠くなってきた時、体が温かくなっていることが多いですよね?

これは、一時的に体温を上げて体から汗を出し、体温を下げるためなのですね。

そのため、寝ている間は起きている時よりも汗をかきやすいのです。

 

大人でも一晩でコップ1杯分の汗をかくと言われています。

大人よりも体温が高い子供がたくさん寝汗をかくのは自然なことです。

 

特に就寝まもなく頭部、額、首などを中心に沢山の汗をかくことが普通です。

ただし、寝汗が余りにもひどい場合は、自律神経失調症などの病気も考えられます。

心配な場合は病院で受診してくださいね。

子供の寝汗対策は?

寝汗が自然なことであるのは良かったのですが、そのままにしておくと風邪をひいてしまうこともあります。上手に対策しましょう。

子供は寝るときも薄着にする

子供は寝ている時も大人より薄着がいいので、パジャマを薄手にしたり、肌着を夏用に変えたり、掛け布団を薄手のものに変えてあげると、寝やすくなります。

子供の寝汗はエアコンでコントロール

お子さんのいるご家庭では高めにエアコンを設定してることが多いようです。

エアコンの温度を下げすぎると風邪をひいてしまいますもんね。

しかし、暑くて汗をかきすぎるのも、風邪の原因になってしまいます。

エアコンの風が当たらないように、布団を敷いて、扇風機を首ふり設定にして冷たい風が部屋全体にいきわたるようにすると良いです。

みんなどのくらいの温度に設定しているか調べてみましたが、27度で2時間後にはタイマーで消えるように設定してる方が一番多かったです。

寝る時にクーラーを切って、3時間後に入る様に設定すると、眠りが中断することなく良いそうです。

寝る直前まではクーラーで部屋の温度を下げ、暑くなってきた頃にタイマーで入ったクーラーが部屋を冷やしてくれると言う訳ですね。

子供が大量に寝汗をかいた時は着替えた方がいいの?

布団から出て冷えたぐらいで風邪はひきませんが、汗かいて冷えるとひきやすくなります。

ママさん達の間では夜中に一回着替える方が多く、前開きのパジャマを着せておいて、着がえをしやすい工夫をしてるようです。

もし、起きてしまっても、「また寝ようね」などと声をかけるとそのまま寝るお子さんの方が多いです。

また、パジャマの中にタオルを入れておいて、汗をかいたらそのタオルを抜くだけという技を使うママさんもいらっしゃいます。

ママのストレスにならない程度にお着替えしてくださいね。

吸水性に優れたパジャマを着用する

綿、麻などの天然繊維を使った生地でかいた汗をすぐに吸収し、すぐに乾くパジャマがおすすめです。

吸水性に優れたシーツ、枕カバーを使う

シーツや枕カバーも同様に汗を吸収しやすい生地を使用してください。

  • 麻(リネン)シーツ
  • 綿(コットン)ガーゼシーツ
  • 綿(コットン)パイルシーツ
  • マイクロファイバー(ポリエステル)
  • 吸湿発熱フランネル生地(ポリエステル)
  • シルクサテン生地

などが夏におすすめのシーツ素材です。

敷きパットで寝汗対策

今はたくさんの冷感敷きパットが出ています。

使用感はひんやりして気持ちいい!

最初はそうでもなかったけど、いつもより起きた時汗をかいてなかった!

など体感温度を下げてくれ、汗を吸収してくれるようです。

これだとクーラーの温度を下げなくても済むかもしれませんね。

しかし、最初はひんやりしたけど、寝てるうちにシートが温まってしまった、なんて意見もあるので、色々と健闘してみてくださいね。

また、防水加工の敷きパットをシーツの下に敷いておけば布団が濡れるのを防いでくれます。

子供の寝汗で脱水症状に注意!

寝汗でたくさん汗をかいてしまうと脱水症状になってしまう場合もあります。

そのため、夜中に寝汗で起きてしまった時は水分を取らせた方が良いようです。

まあ、子どもから「のどが渇いた」って言われそうですけどね。

特にクーラーは室内が乾燥するので、夏は喉が渇きやすいと思います。

しかし、寝る前に水分を取りすぎると、汗を多くかく原因にもなってしまうので、注意が必要です。

寝汗は頭を冷やすのがポイント!

枕用ジェルなどで頭を冷やすと全身の発汗量が減少、途中覚醒が減ることで睡眠効率が改善されたという報告があり、寝つきが良くなったとの意見も多数あります。

 

こちらでも汗について書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました