夏バテの症状をチェック!胃痛やむくみの原因は?頭痛や嘔吐は危険?

暑さ対策

年々暑さを増す日本の夏、何となく不調が続くことはありませんか?

今回は夏バテをチェックする項目をまとめてみました。

子供もなりやすいので気をつけたいですよね。

そして、中には要注意の症状もあります。

今回は以下の点についてまとめました。

・夏バテの症状をチェック!

・夏バテの症状の胃痛やむくみの原因は?

・夏バテの症状で頭痛や嘔吐は危険?

スポンサーリンク

夏バテの症状をチェック!

夏になって次のような体調の変化はありませんか?

それをチェックできる項目を一覧にまとめてみました。

[colored_box color=”green” corner=”r”]

・身体がだるい、重い

・疲れやすい、疲れがでる

・やる気が出ない、集中力がない

・イライラする、気分が落ち込む

・足腰が冷える

・肩こりや頭痛がある

・よく眠れない

・食欲がない

・胃もたれや胃痛がある

・便秘や下痢をする

・ダラダラと大汗をかく、もしくは汗をかきにくい

[/colored_box]

 

 

当てはまる項目が多いほど夏バテの可能性が高くなります。

 

夏バテの症状の原因は?

夏バテの症状が見られるようなら、症状の原因も確認しておきたいですね。

生活習慣によるものが多いです。

[colored_box color=”light‐green” corner=”r”]

・忙しい日が続いている

・生活リズムがバラバラ

・夜ふかしすることが多い

・睡眠時間が短い

・ほとんど運動をしない

・エアコンを効かせた部屋で過ごすことが多い

・朝食を食べないことが多い

・入浴はシャワーですますことが多い

・食べ物の好き嫌いが多い

・冷たい食べ物・飲み物が好き

・濃い味付けが好き

・深夜にパソコン・ゲーム・メールに夢中になっている

[/colored_box]

夏バテの症状のむくみの原因は?

夏バテで食欲がなくなり、そうめんや冷やし中華などの麺類ばかり食べている人も多いですよね。

今までよりも食べる量は減っているのに、体重が増えてしまうことがあります。

これは運動不足の人に見られる症状で運動不足による代謝の低下と塩分の取りすぎによるむくみが原因です。

そうめんや冷やし中華などの冷たい麺はタレやつゆの味が濃く、塩分の取りすぎになりやすいのです。

すると身体は塩分を薄めようとして水をためこむようになります。

・運動不足

・エアコンにばかり頼る生活

・麺ばかりの偏った食生活

 

極端にかたよった食事がむくみをもたらしてしまったのです。

 

夏バテの症状の胃痛の原因は?

エアコンを我慢して扇風機で過ごす人は大量の汗をかくことがあります。

汗をかいたので水分を補おうと冷たい水を大量に飲んだら胃に違和感を感じ、吐いてしまうケースもあります。

これは「急性胃腸炎」の可能性があります。

「急性胃腸炎」の症状は次のようなものがあります。

[colored_bg color=”light‐green” corner=”r”]

  • 下痢
  • 腹痛
  • 血便
  • 吐き気・嘔吐
  • 発熱
  • 頭痛

[/colored_bg]

急性胃腸炎の原因はウイルス感染や食中毒、食物アレルギーなどがあります。

この場合はエアコンを使用しなかったことで暑さや疲れで胃腸が弱っていたところに冷たい水を一気にたくさん飲んだことが原因だと思われます。

 

大量に汗をかいているから冷たい水をたくさん飲むようにすすめるのも怖いということですね。

 

また最近はエアコン完備の学校も多く、学校と家との温度差で自律神経が乱れ、免疫力が落ちてしまうこともあります。

 

やはりあまりにも暑い時はエアコンの使用や室内の温度調節が大切ですね。

 

では、なぜ冷たい水を一気にたくさん飲むと良くないのでしょうか?

 

冷たいものを急に胃に飲むと、胃や腸がギュッと縮まります。

血管が収縮して血液の流れが悪くなり、胃腸の動きが正常に働かなくなってしまうのです。

大量の水によって胃液が薄まってしまう状態が続いたため、胃や腸の粘膜が荒れて胃腸炎になってしまうのです。

 

胃腸の違和感や不調を感じたら、胃腸を休めることが大切です。

しばらく飲食を控えて症状が落ち着いてきたら消化のいいものから様子をみて量を増やしていってくださいね。

冷たいものは避けて、温かいものをゆっくり噛んで食べるようにすると胃腸の負担が少なくなります。

水の飲み過ぎには気をつけてくださいね。

あまり水分をとらなすぎても脱水になってしまうので、常温のポカリスエットなどを飲むのがおすすめです。

ママさんは小児科医によく言われていることかもしれませんね。

エアコンによる夏バテの症状

エアコンや扇風機の冷風を身体に直接当てないようにします。

サーキュレーターを使って冷たい空気をうまく循環させるといいかもしれませんね。

サーキュレーターとは風を発生させ空気を循環する性能に特化した家電製品です。

扇風機と同じような気がしますが、扇風機は人を涼しくさせるための家電。

サーキュレーターは空気を循環させるための家電です。

エアコンの部屋ばかりで過ごしていると「クーラー病」かかってしまうこともあります。

 

眠れないことによる夏バテの症状

夏の暑さで寝れず、睡眠不足になってしまう方も多いですよね。

寝る前にお風呂でよく温まり、心身ともにリラックスできるように過ごします。夜更かしは体調不良の原因になりますので、早めに横になるのが大切です。

熱帯夜にはエアコンをつけて寝ることも多いと思いますがその時のエアコンの使い方によってもぐっすり眠れるか夜中に起きてしまうかが分かれます。

こちらで「クーラー病」「エアコンの使い方」について詳しく書かせていただいてますので、ご覧になってくださいね。

汗による夏バテの症状

 

夏バテの症状が出やすいタイプに汗をかきにくい人があげられます。

体調管理がスムーズにできないので、大汗をかいたり、汗をかかなかったりしてうまく体温調節ができないので、熱中症になりやすいのです。

体温調節ができず体内に熱がこもり、この状態を「うつ熱」と呼びます。

 

湯船に浸かってしっかり汗をかくことによって汗をかきやすい体質になります。

汗は高くなった体温を下げる役割があるので、とても大切です。

 

しっかり汗をかき、リラックスすることでスムーズな眠りにつく効果もあります。

夏バテの症状で頭痛や嘔吐は危険?

頭痛や吐き気です。

嘔吐まである場合は熱中症の可能性があります。

夏バテには何となくの不調が多いですが、熱中症ははっきりとした症状があらわれます。

熱中症としても頭痛や嘔吐は重症度Ⅱ度であり、すみやかに病院にかかる必要があります。

熱中症と夏バテは似ているので、判断がしずらいですが、熱中症の方が緊急性が高いので、まず熱中症を疑ってみます。

熱中症で亡くなる方もいらっしゃるので、症状が見られたらしっかりケアしておきたいですね。

 

まとめ

夏バテは日常生活の生活においてクーラーにあたりすぎている、冷たい物を食べすぎている、食欲低下による極端な食事の偏りなどから引き起こされることが多いです。

それに対して熱中症は屋外で長時間日光に当たったり、高温多湿の室内にいると起こりやすい症状です。

夏バテになると、熱中症にかかりやすくなってしまいます。

そのため、夏バテにならないように生活することが大切ですね。

ままさんなら、自分以上にお子さんの夏バテ予防をしたいですよね。

 

こちらで夏バテ対策を書いていますので、ご覧になってくださいね。

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました