子供の夏バテ用2017レシピ!女の子の好きなメニューで食欲をUP!

もうすぐ夏休み!暑いとアイスを食べたくなったり、炭酸飲料が飲みたくなりますよね?

想像以上に体力が奪われています。夏バテしちゃっては、せっかくの夏休みを120%楽しめないですよね?

今日は夏バテを乗り切る対処法についてお話したいと思います。
スポンサーリンク



 

夏バテの原因は?

自律神経のバランスの乱れやストレス、冷房による冷え、睡眠不足などが上げられます。

夏バテの症状って?

身体がダルくなってしまうのが特徴的ですね。他には疲れやすかったり、イライラしてしまったりします。

また、吐き気や嘔吐、食欲不振や便秘や下痢などの消化器官系の不調も見られます。

さらに微熱や頭痛など風邪に似た症状が出やすいです。

夏バテって熱中症の一種なの?

まったく別のものです。

熱中症

水分や塩分が不足して身体から熱を発散させられなくなり、 体の機能が正常に働かなくなります

夏バテ

夏の暑さに適応しきれなくなって発症したり、エネルギー切れが原因とされています

症状は似ていますが、熱中症は命の危険が及ぶ場合もありますので、注意が必要です。もちろん夏バテも気をつけなければいけないのですが、健康的な生活を心掛けているうちに次第に改善されていきます。

どんな子供が夏バテになりやすいの?

夏バテになりやすい子供にはいくつかの共通点があります。

 毎日アイスやジュースをかかせない
 毎日のようにそうめんやひやむぎを食べている
 クーラーを24度以下に設定している

夏バテにならないための対策は?

・バランスを良く栄養を取り入れる。

・しっかり眠る。

・水分を小まめに摂取する。

・室内と室外の温度差を5℃以上にならないようにする。

夏バテに効く食べ物は?

疲労回復効果のある食べ物を摂ると良いですね。ビタミンB1、アリシン、クエン酸、ナイアシン、ビタミンCを含む食べ物が効果的なようです。では、1つずつ詳しく見ていきましょう。

ビタミンB1を含む食べ物

ビタミンB1が不足するとブドウ糖はエネルギーに変わらず、疲労物質の乳酸となってしまいます。ビタミンB1を摂るとエネルギーの代謝を良くしてくれます。

豚肉・タイ・ぶり・うなぎ・ほうれん草・大豆・玄米などにビタミンB1が含まれています。

豚肉を使ったこんなメニューはいかがでしょうか?

とろ~りチーズ♪豚もやしのとんぺい焼き風

 

作り方はこちら↓

【COOKPAD 外部サイトへ】

 

アリシンを含む食べ物

スポンサーリンク




アリシンには、ビタミンB1の効果を持続する働きがあります。また、ビタミンB1を吸収しやすくしてくれます。

玉ねぎ・ねぎ・ニンニク・ニラ・ねぎなどにアリシンが含まれています。

ごま油で炒めたニンニクを使ったこんなメニューはいかがでしょうか?

夏バテ知らずの☆そうめん

作り方はこちら↓

【COOKPAD 外部サイトへ】

クエン酸を含む食べ物

疲労物質である乳酸を分解し、身体の外に排出してくれます。すっぱい食べ物に含まれているんですね。

梅干し・レモン・グレープフルーツオレンジなどにクエン酸が含まれています。

梅干しを使ったこんなメニューはいかがでしょうか?

夏バテの時期に!豚こまと大葉と梅の肉団子

 

作り方はこちら↓

【COOKPAD 外部サイトへ】

ナイアシンを含む食べ物

ナイアシンは、疲労回復効果があります。ビタミンB1と同じ働きをするんですね。また、体内でナイアシンが足りなくなると、慢性的に疲労を感じ精神的に不安定になることもあります。

サバ・タラコ・豚レバー・アジなどにナイアシンが含まれています。

タラコを使ったこんなメニューはいかがでしょうか?

人参1本食べてしまう!タラコ和え人参炒め

作り方はこちら↓

【COOKPAD 外部サイトへ】

ビタミンCを含む食べ物

ビタミンCはストレスを軽くしてくれたり、自律神経を安定させてくれたりします。また、免疫力を高めて風邪をひきにくくする効果もあります。

アスパラガス・ゴーヤー・トマト・かぼちゃなどの夏野菜にビタミンCは含まれています。

トマトを使ったこんなメニューはいかがでしょうか?

トマトとアボカドのサラダ

作り方はこちら↓

【COOKPAD 外部サイトへ】

どれも女の子が好きそうなメニューを集めてみました。

まとめ

いかがでしたか?

夏の暑さはどうしても食欲が無くなってしまいますよね。それは親の私達も同じです。美味しく夏バテ防止になる食事で「夏なのに、いつもイキイキしてるな~肌綺麗だな~」と周りから思われてしまいましょう^^

お母さんがイキイキしてる生活は自然に子供もイキイキできる生活になってます。

今も十分素敵な生活だと思うのですが、更に素敵な毎日を送ってくださいね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す