【マツコの知らない世界】メープルシロップ厳選5品とおすすめ食べ合わせ

テレビグルメ

2020年11月10日のTBS系『マツコの知らない世界』で放送されたメープルシロップの活用術と種類を詳しく紹介します。日本で唯一のメープルシロップ専門店『GAGNON(ギャニオン)』を営むカナダ人のギャニオン・マークさん&日本人の和香さん夫妻が教えてくれました。

スポンサーリンク

【マツコの知らない世界】メープルシロップ厳選5品とおすすめ食べ合わせ

イライラ解消ドリンク

メープルシロップにはカルシウムやカリウムが豊富に含まれています。カリウム含有量は生たまごの2倍近く、カルシウム含有量はサンマの約3倍もあります。

カップ1杯のお湯にスプーン2杯ほどのメープルシロップを混ぜて飲むだけで、イライラした気持ちを抑えてくれたり、カナダでは風邪の際に飲む風習があり、肺や喉に良いそうです。

採取時期で色&味&香りも変わる4種

メープルシロップは採取時期によって色・味・香りが変わります。しかし、糖度は全て一緒です。

メープルシロップのゴールデン・アンバー・ダーク・ベリーダークの4種類の名前を覚えればお好みの味わいが見つかります。

ゴールデン

一番採取時期の早いのがゴールデン。

スッキリとした甘みが特徴で、クセのあるチーズにかければマイルドな味わいになります。

アンバー

ほどよい甘さがあります。パンケーキにかけると飽きのこない味わいになります。

ダーク

甘みは強めで、プリンにかけるとカラメルの苦味がまろやかになります。

ベリーダーク

香りが強いベリーダークは鼻に残る果実さが感じられ、香ばしいクッキーと相性バツグンです。

カエデの種類&産地で味が違う!おすすめのメープルシロップ

カナダではカエデの種類は地域によって大きく3つに別れていて、それぞれ味も多く変わるそうです。南部はクロカエデ、中部はアカカエデ、北部はカナダの国旗にもなっているサトウカエデが多く栽培されています。

そこで、ギャニオン夫妻がカエデの種類別イチ押しメープルシロップを教えてくれました。

ギャニオン

【ギャニオン『メープルシロップアンバー』】

カナダの提携農家から仕入れたメープルシロップを、ギャニオン夫妻がオリジナルブランドとして販売しています。

サトウカエデのハッキリとした甘みと燻製のようなスモーキーな味や香りが特徴です。

バニラアイスとの相性が抜群です!

アレガニ

【アレガニ『オーガニックメープルシロップ』】

パンケーキとの相性が抜群です!
砂糖なしのフレンチトーストやフルーツとの相性が抜群です!
ワッフルとの相性が抜群です!
メープルシュガーはメープルシロップを弱火で10分ほど煮詰めることで作ることができます。
タイトルとURLをコピーしました