教育費はいくらかかる?子どもの学習費調査を元に検証!

子供には願う進路を進んで欲しいと常々思っていますが、どのくらい費用がかかるものなのでしょうか?
スポンサーリンク



文部科学省の統計『子どもの学習費調査』のデータを元に資料を作成しました

小学校や中学校を私立にするのは親の判断によるものが大きいですが、高校は公立高校の入試の結果次第になります。私も今回息子の合格発表が出るまでは、私立になってしまうかもしれないと合格の決まっている高校で三年間でかかる費用を計算しました。上記の表の金額に近い262万円でした。これに交通費がかかります。

入学時にかかる費用はこのうち、入学金の15万と施設・設備費の15万、学費一ヶ月分48000円、諸経費130000円、カバンなどの用品代100340円、制服代64908円の643248円かかります。結構な負担ですよね~>< 

しかし、私立は手厚い対応で塾がいらない学校もあるようです。また、特待生になれると入学金が免除になったり授業料が免除になる学校もあります。

また、私立公立に関わらず、世帯年収910万円以下を対象に高等学校等就学支援金と言う制度があるので、月9900円、三年間で36万円くらいの負担が軽減されます。

高等学校等就学支援金

こちらの記事で詳しく書かせて頂いていますので、良かったらご覧になってください。

スポンサーリンク

そして、大学に入学するとなるとさらに費用がかかります。

在学費用は学校納付金、学習塾・予備校等の費用、教材費、学用品代、通学費用、自宅外通学生の住居費など、子どもに教育を受けさせるために必要な全ての費用のことを言うのですが、特に自宅外通学生の住居費がかかります。

高校入学時の費用65万とは桁が違いますね^^;どこまで親がしてあげられるかを考え、息子の希望を聞きながら話合っています。生活は今よりも苦しくなるけど、この大学に入れたら、頑張って入学させてあげたいという第一志望の大学と地元の大学。こちらの二校が現在の息子の目標となっています。どちらも国公立大学です。

浪人することなく国公立大学に入ってほしいというのが親の私の願いです。息子にもそれを伝え、今後三年間で目標に向かって頑張ってほしいです。

スポンサーリンク



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す