「紅葉」と「肌の乾燥」時期が一致!子供の乾燥肌を防ぐ化粧水とは?

夏休みもいよいよ終わりに近づいて来ましたね。もう学校が始まっている地域もあると思います。

9月に入ってもまだまだ暑い日は続くと思いますが、次第に秋らしくなってきますよね。

昨日は娘と秋物の服を買いに行きました。夏物と秋物が混在してるショップに季節変わり目を感じました。

「紅葉」はもう少し先になると思いますが、紅葉と肌の乾燥は密接な関係があると化粧品会社のポーラが2015年に発表しています。

それを踏まえると、紅葉前から肌の乾燥対策をしておくと良いのかな?と思い今回は化粧水をご紹介したいと思います。

まずは紅葉と乾燥について、次に化粧水のご紹介をさせて頂きますね。

スポンサーリンク



「紅葉」と「肌の乾燥」の関係

ポーラ化粧品は日本各地域の「紅葉」と「肌の乾燥」を調査し、紅葉が美しくなる時期と「肌の乾燥」が始まる時期が重なることを確認したそうです。

引用元

こちらをご覧になって頂くと「紅葉の色づきマップ」と「肌の乾燥マップ」が似てると感じて頂けると思います。

9月頃は東北から10月には半数の地域で「紅葉」と「肌の乾燥」が確認されるようになります。更に11月には全国の9割、12月は全国的に「紅葉」と「乾燥」が確認されるようになります。

一般財団法人日本気象協会によると、紅葉の色付きが進むとされている「気温」の条件下では、「湿度」も夏に比べると低下するため、紅葉が始まる時期は既に空気の乾燥が進んでいると考えられる、とのこと。

「紅葉」と「肌の乾燥」の関係にはきちんとした理由があるのですね。

子供の「肌の乾燥」はどうしたらいい?

こちらのサイトで何度も説明させて頂いている、子供の肌のバリア機能はまだ整っていないので、肌も乾燥しやすいんですね。

皮膚も大人より薄いので、ダメージを受けやすいんです。

そのため、これから訪れる乾燥時期に備えることが大切かなと思っています。

潤いを与えすぎない保湿

そこで、今回管理人が選んだのは以前こちらのサイトで紹介させて頂いた、食べられる石けん(でも食べないでね)の「池田さんの石けん」の販売会社、「ネオナチュラル」が手掛けるヒーリングローションです。

「池田さんの石けん」の体験レビューはこちら↓

ヒーリングローション

こちらの化粧水は楽天市場2年連続、年間オリジナルコスメ大賞、化粧水部門1位獲得など数々の大賞を獲得した人気品です。

また、浜崎あゆみさんのライフスタイルブック「ayu LIFE STYLE BOOK」でも取り上げられています。

引用元

『20代の後半に体調を崩したことがきっかけで肌がボロボロになり、それまで使っていた化粧品が全て使えなくなったんです。そこから試行錯誤がはじまり、今のスキンケアに落ち着いたの』<本文より>

と、ヒーリングローションを含め、ネオナチュラルの商品を何点か紹介されています。

ヒーリングローション成分

水を一切使わずに作った100%自然成分の化粧水です。

  • ヘチマ水
  • ローズ水
  • ゲットウ(月桃)葉水
  • 褐藻エキス
  • ローズマリーエキス
  • ソウハクヒエキス(桑白皮)
  • モモ葉エキス
  • ユキノシタエキス
  • クマザサエキス

使ってみた感想は?

スポンサーリンク




香りは?

月桃やへちまの香りなのでしょうか?自然な香りです。

つけると「スッ」とした感覚があります。

これは主にゲットウ葉水(成分表示名はゲットウエキス)によるものだそうです。つけた瞬間から皮膚に浸透していく感覚があって、気持ちがいいです。

水を使ってないとは思えない自然な使用感

バシャバシャと何度も使いたくなる使用感なので、てっきり水を使っているものと思うほどです。ヒーリングローションには、ヘチマ水、ローズ水などをベースに、ゲットウ葉水などの植物エキスを配合してあり、添加物はもとよりアルコールなどの溶剤も使用していませんし、水も一切使っていないそうです。

ヒーリングローションを選んだ理由は?

この化粧水は自然の力を最大限利用して、お肌自身の力を引き出すことに重点をおいています。娘は今まで洗顔石けんも使わず、化粧水も使わずに過ごしてきました。それでも、問題なかったので、本当は何もしたくないのですが、今後のニキビや乾燥肌対策を想うと小学四年生のこの時期に肌に過剰な潤いは必要ないと考えたのです。

娘の洗顔石けんは?

このお肌自身の力を引き出すスキンケアに魅せられた管理人は今回のヒーリングローションに合わせ、以前ご紹介させて頂いた「池田さんの石けん」の馬油石鹸を購入してみました。

なぜ馬油石鹸を選んだのか?

一番の理由は他にはない使い心地だったからです。

「肌本来の姿に戻る」という言葉で伝わりますでしょうか?

皮脂を洗い流しすぎないところがスキンケアを始めたばかりの娘には合っていると感じたのです。

洗顔石けんと化粧水の関係

洗顔石けんと化粧水の関係は重要であると考えています。そのため、できれば同じ会社の洗顔と化粧水を使いたいと常々思っていました。

肌に与えすぎないコンセプトが小学四年生の娘に肌に適しているのではないかと思い、今回はネオナチュラルさんにお願いすることにしました。

しばらく使用し、使用感をまたお知らせできたらいいなと思っています。

娘の意見

もちろん、使用する娘の意見も大切にしました。

馬油石鹸は一番泡が良かったそうです。今回お試しさせて頂いた中では一番お気に入りの石けんだったようです。母と意見が一致して良かったです^^;

まとめ

いかがでしたか?

これまでに体験レビューを書かせて頂いた、下記の3つの記事も合わせてご覧になって頂けると嬉しいです。

どの洗顔も人気商品ばかりなので、使用感も良いですし、選ぶのは難しかったです。また、ネオナチュラルの石けん、化粧水ともに顔だけでなく全身に使えるところも、腕が乾燥肌になってしまった娘にはいいのかもと考えたからでした。

しかし、そうするとすぐ石鹸がなくなってしまうので、無理かもしれませんが^^;

紅葉の前に肌にちょうど良い保湿を与える生活に変えてみませんか?

『ぷろろ化粧品』

『池田さんの石けん』

『himeri』

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
スポンサーリンク



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す