やりすぎ注意!子供の耳かきのしすぎで病気になるってほんと?

皆さんはお子さんの耳かきをどのくらいの頻度でされてますか?
スポンサーリンク




文部科学省が行っている子どもの健康状態ための調査によると、中耳炎や外耳炎など耳の病気のある小中学生が増えているようです。

その原因の一つに耳かきのしすぎが上げられています。

耳かきのしすぎで耳鼻科へ

私自身、耳かきのしすぎが原因で先日耳鼻科に行って来たばかりです。娘が耳かきにハマって丁寧に耳かきしてくれるので、毎日してもらっていたのですが、ある日娘が耳を見て驚き、写真を撮ってくれました。

そこには血の塊と耳垢が写っていました。

耳鼻科の先生によると、原因は耳かきのしすぎ、一週間は耳かきしてはいけないと「耳かき禁止」まで言い渡されてしまったのです。

耳垢ってどうしてできるの?

参照:ウィキペディア

 空気中のほこり、皮膚の残骸などがたまったもの
 外耳道の耳垢腺というところから出る分泌物が混ざったもの

耳垢には「湿型」と「乾型」の2タイプがある

耳垢は乾性耳垢と湿性耳垢があります。 この性質は遺伝により決まることが発見されています。 日本人の70~80%は乾型のようです。

耳垢に役割があるの?

スポンサーリンク




耳垢には役割があるんです!

  1. 外耳の皮膚の潤いを保つこと
  2. 抗菌作用
  3. 虫などの侵入を防ぐ

なので、取り過ぎてもいけないんですね~

耳垢ってどうやって取ったらいいの?

耳鼻科では綿棒で手前の耳垢だけをそっと取ってくださいと言われました。しかし、奥の方に押し込んでしまうと耳垢が詰まってしまうので、奥の耳垢については耳鼻科で取ってもらうのが安全です。

自宅での耳掃除も2週間、もしくは一ヶ月に一回くらいでいいそうです。

どのくらいの頻度、耳鼻科で耳垢を取ってもらった方がいいの?

耳鼻科での処置は年に2~3回でいいようです。

そもそも、耳垢は取った方がいいの?

顎を動かすことで耳垢を自然に外耳道から外に出すシステムがあるので、無理に取る必要はないそうなんです。乾型の耳垢ならより外に排出されやすいようです。

逆に取り過ぎてしまうとカビや細菌が繁殖することで慢性的に炎症を起こしてしまいます。

耳かきをやりすぎるとどうなるの?

外耳炎になる

外耳道に傷ができてしまい、細菌やカビが付着して炎症が起きることを言います。軽い痛みやかゆみを伴い、酷くなると眠れないほどの痛みや耳だれ(膿のような液体)が出る、耳が詰まったような感じや耳鳴り、難聴になることがあります。

このような症状が見られたら、早めに病院に行って診てもらって下さい。症状の悪化を防ぐことができます。

まとめ

いかがでしたか?

耳かきって気持ちいいので毎日したいですよね?耳の穴にはリラックスさせる迷走神経があるので、耳かきで迷走神経を刺激すると気持ちよくなるそうです。

しかし、奥まで耳かきをしてしまい色々な神経を刺激してしまうことでめまいを感じる人もいるようです。外耳炎にもなりやすいし、あまり頻繁に耳掃除をしない方が良いようです。お子さんだけではなく親御さんも耳かきのやりすぎには注意して下さいね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す