子供の肌荒れプールやスイミングの塩素が影響?湿疹やかゆみがある時はどうする?

学校のプールやスイミングでは薬品のような匂いがしますよね?

その匂いは塩素です。

プールに入るようになってから、肌荒れをしたり、痒みがあったり、赤くなっている場合はその塩素が原因かもしれません。

今回はプールの塩素の体への影響について、まとめてみました。


スポンサーリンク



プールに塩素はなぜ入れるの?

 

塩素は消毒のためプールに入れることが厚労省の「遊泳用プールの衛生基準」や文科省の「水泳プールに係る学校環境 衛生基準」などの条例によって塩素濃度が義務付けられています。

 

みんなが入るプールでは汚染された水や病原微生物を含んだ水を飲んだり触れたりすることで感染症にかかってしまうため、感染症予防や水質を維持するために必要なことなのです。

 

塩素にはプールで伝染する病気の原因になる細菌やウイルスを死滅させる働きがあります。

プールを塩素で予防している病気は?

代表的な例としてプール熱があります。

プール熱は夏を中心に流行する急性のウイルス感染症で、塩素濃度の管理が不十分なプールで感染することが多いです。

また、プール熱への感染は咳やくしゃみなどの飛沫による「飛沫感染」と、目やにが原因のタオルの共用や手指を介した「接触感染」もあります。

プールの塩素で肌荒れするの?

条例で定められている塩素濃度は、学校のプールや遊戯用のプールどちらも0.4mg/L~1.0mg/Lです。水道水の塩素濃度は0.1mg/L ~1mg/Lなので、プール用の塩素の方が少しだけ塩分濃度が高いですが、それほど違いがないですね。

 

ただ、プールの水に長く使っていると皮膚はふやけて傷つきやすい状態です。

 

しかし、誰でも塩素の影響を受けてしまう訳ではありません。

 

塩素濃度は水道水より少し高いだけなので、それほど心配することはないです。

 

しかし、状態により影響が出てしまうこともあるので、次の項目でまとめてみました。

スポンサーリンク



肌荒れする子供がプールで気を付けることは?

子供の肌はとてもデリケートです。

また、肌の変化にも気づきにくいので、確認してあげると良いですね。

注意しておきたい点をまとめてみました。

 

学校に行く前に肌の状態を観察する

かゆい所や傷口がないかどうかを確認します。

傷があるとプールに入れないきまりのある小学校もあります。

また、肌が弱っていると、塩素で痛くなったり、ピリピリする、湿疹ができる場合もあります。

 

ゴーグルや水泳帽はサイズの合ったものを使う

小学校でもゴーグルを推奨しているところもありますので、サイズの合ったゴーグルやスイミングキャプを使用することで、目がヒリヒリする、髪が痛むなどの影響から防ぐことができます。

 

泳いだ後はシャワーで洗い流す

学校では難しいかもしれませんが、プールから出たら綺麗に身体を洗い流せると良いですね。

手やタオルで、強くごしごし顔をこするのは避け、タオルで水分を拭き取ります。

 

(自宅に帰ってから)子供の赤みやかゆみがないかを確かめる

 

(自宅に帰ってから)クリームタイプや液体タイプなど子供の肌に合った保湿剤を塗ってあげる

 

プールで湿疹がでてかゆみがある時はどうする?

日本臨床皮膚科医会、日本小児皮膚科学会、日本皮膚科学会では2015年5月、上述の4つの皮膚感染症について、統一見解を出しています。

1) 伝染性膿痂疹(とびひ)

かきむしったところの滲出液、水疱内容などで次々にうつります。プールの水ではうつりませ
んが、触れることで症状を悪化させたり、ほかの人にうつす恐れがありますので、プールや水泳
は治るまで禁止して下さい。

2) 伝染性軟属腫(みずいぼ)

プールの水ではうつりませんので、プールに入っても構いません。ただし、タオル、浮輪、ビ
ート板などを介してうつることがありますから、これらを共用することはできるだけ避けて下さ
い。プールの後はシャワーで肌をきれいに洗いましょう。

3) 頭虱(あたまじらみ)

アタマジラミが感染しても、治療を始めればプールに入って構いません。ただし、タオル、ヘ
アブラシ、水泳帽などの貸し借りはやめましょう。

4) 疥癬(かいせん)

肌と肌の接触でうつります。ごくまれに衣類、寝床、タオルなどを介してうつることがありま
すが、プールの水ではうつることはありませんので、治療を始めればプールに入っても構いませ
ん。ただし、角化型疥癬の場合は、通常の疥癬と比べ非常に感染力が強いので、外出自体を控え
る必要があります。

引用:日本臨床皮膚科医会・日本小児皮膚科学会

 

これによると「とびひ」だけはプール禁止で、他は治療を始めればOKとなっています。

「とびひはNG、みずいぼはOK」という見解については、専門家によって意見が分かれるようです。

 

しかし、他にも湿疹の原因はあります。

 

■免疫力が下がっている時

■アトピーの症状がひどい時

■紫外線がきつい場合

なども湿疹や肌のバリア機能が弱くなってしまう原因です。

まとめ

 

プールの塩素は子供の状態に寄って影響が出てしまうこともありますが、それほど神経質にならなくても大丈夫そうです。

アトピーや敏感肌、また傷がある場合は気をつけなければいけないので、ママさんが注意してあげることで、塩素の影響もだいぶ減らせると思います。

 

ぜひ、確認してあげてくださいね。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

また、お越しくださいね。

 

 

スポンサーリンク



おすすめの記事と広告



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す