子供の習い事英語はいつからがベスト?5歳から始めた英会話の結果は?

2020年から小学校でも高学年は教科化されることになった英語、「大学入試センター試験」が2019年度(2020年1月)に廃止され、2020年度(2021年1月)から「大学入学共通テスト」に移行されると、英語は英検やTOEFLなど民間の資格・検定の中から国が認定した試験を受けることになります。

受験の鍵となる英語はいつから勉強を開始した方が良いのでしょうか?


スポンサーリンク



子供の英語の習い事はいつから?

3~4歳、遅くとも9歳までには始めた方が良いといわれる英語教育。

なぜ早い方が良いのでしょうか?

英語に対する抵抗がないため

では、何歳から英語を習い始めるお子さんが多いのでしょうか?

3歳から

3歳から英語を始めるメリット

なぜ3歳から英語教育を始めた方が良いのでしょうか?

色々なことに興味を持ち始める為、新しいことに挑戦するにはちょうど良い時期のようです。

英語への抵抗がなく学べる

小さい頃は英語への拒否反応がなく、自然に学ぶことができます。

日本語が身についてからだと、英語の発音が難しくなってしまいます。

また、英語で話すことにも抵抗を覚え、理解できるはずの英語でも、外国の方に話しかけられると思わず固まってしまう人が多いのです。

0歳から英語に触れる

音楽やリトミックを取り入れ、楽しみながら英語を学ぶ幼児教育も増えました。

英語教室に通い始める前に家で英語のCDを流していたというママも多いようで、生まれた時から英語を聴く環境、そして、3歳からは楽しく英語を取り入れていく熱心なご家庭も増えてます。

ただ、小さな頃に外国にいて英語を話していたけれど、日本に戻ってきてしばらく英語を使わない環境で過ごしていると英語を忘れてしまうという話はお聞きになったことがあると思います。いくら早くから英語を学ばせていても、続けていなければ意味がありません。

子供の頃から英語の習い事をした方が良い2つの理由

まだ日本語もおぼつかない状態なのに、英語を勉強させてしまって大丈夫なのかな?と不安に思う親御さんは少なくありません。なぜ早いうちから英語の勉強をした方がいいのでしょうか?

それは 日本語と同じように英語を脳に定着させることができるからです。 

9歳までは脳が柔らかく、自然な形で学習できるため、母国語と同じように習得することができます。中学生から英語の勉強を始めると、文法から勉強することになるので、話すときは頭の中で日本語から英語に変換することになります。それだと答えるのに時間がかかってしまいます。

日本語で返事をする時は日本語で考えますよね?子供の頃から英語で会話をしていれば、英語で考えることができるようになるお子さんが多い為、返事に時間がかかることが少なくなります。

子供の日本語習得の心配は?

日本語を話し始めた時期に英語を学ばせてしまったら混乱するのではないか?と心配になる親御さんも多いです。

英語教室で英語を学び、家での話しかけも英語で、見せる絵本や映像も全て英語にしてしまったら、日本語の方がおろそかになってしまうかもしれませんが、英語教室に通って家で英語の勉強をする分には心配はありません。

ただ、相手に気持ちを伝える手段として「学ばなければいけない」とお子さんが感じてしまうようであれば、暴力的になる、泣いてしまうなど問題行動が見られる場合もあるようです。

日本語でも自分の気持ちを伝えるのは難しいので、簡単な挨拶を親子でしてみるところから始めるといいですね。

小学校3年生から始める英語教室

習い事を始めるのに多いのが 小学校2~3年生 です。

小学校にも慣れてきて、新しいことにチャレンジしてみたいと思うお子さんや特技を持たせてあげたいと思う親御さんの気持ちが一致し習い事を始める子が多くなります。また、友達が習い事を始めたので、影響を受けて始めるお子さんも多いです。

理解力や記憶力という点からも英語を始めるのに一番効率の良い時期だといわれています。

英語を習い始めるきっかけは?

子供の習い事ランキングでいつも上位の英語。

一位はスイミング、二位が英語ということが多いようです。

では、どのようなきっかけで習い事を始めるのでしょうか?

親のすすめ

親御さんが始めさせたくて英語教室の体験に連れて行ったことがきっかけという方が多いです。

年齢は3~5歳頃が多く、やらされ感も多々あります。

本人の希望

幼稚園では英語の授業を取り入れているところも多いです。

そこで英語に興味を持ち、自分から「英語を習いたい」と言うお子さんも多いです。

友達が始めたから

友達が英語を習い始めて、英語教室の話を聞いているうちに自分もやってみたいと思うケースも多いです。

親が英語を話せるようになって欲しい理由

お子さんに英語を話せるようになって欲しいのにはいくつか理由があります。

・2020年から小学校の英語教育が変わり、5・6年からは教科として成績がつくので、それに備えるため。

・親が英語を話せず、後悔する場面が多かったので、子供には同じ思いをさせたくないため。

・今後は英語が話せる人が増えると思うので、話せて有利というよりは、話せないと不利になってしまうため。

・TOEICなど英語の成績で就職の採用が決まったり、昇進が決まる企業も増えてきたため。

子供の英語教室の選び方

皆さんはどのようなところをポイントに英語塾や英会話教室を選んでいるのでしょうか?

  • 自宅に近い英会話教室を探す。
  • 子供が楽しめているかどうかを重視する。
  • 子供との相性が良い先生かどうか確認する。
  • 体験授業に参加してみて、子供の様子を観察、子供の意見を良く聞く。

英語が嫌いにならないように、皆さんお子さんの英会話教室には気をつけているようですね。

今後、英語は一生付き合うものと考えると、嫌な印象を与えてしまってはマイナスになってしまいますよね。

英語の習い事をして良かった点

実際に英語の習い事をして良かった点やメリットはどのようなことでしょうか?

親子のコミュニケーションが増えた
今の英会話教室は親子で楽しみながら英語が学べるので、家でも英語で歌を歌ったり、教材を読んだりして親子のコミュニケーションが増えました。

 

英語に興味を持つように
きっかけは親の私が英語を学ばせたくて始めた英会話でしたが、みるみる英語に興味を持ち始めたので嬉しかったです。

子供の習い事英語教室の月謝はいくら?

英語教室の月謝の相場はだいたい7,000~10,000円くらいです。

息子が幼稚園の頃に入っていた英語教室では日本人の先生に週1で教えてもらっていました。よくある全国展開の英語教室です。

月6,500円くらいでしたが、幼稚園を卒園する頃になると読み書きにも力を入れる週2でレッスンを受けるコースを勧められるようになり、そのコースだと月謝は1万円かかります。結局うちは小学校から別の英語教室に移りました。金額が上がることもその英語教室を辞めることになった理由の1つですが、英語の先生の欲が見えてしまったようで、先生を信頼できなくなったのが一番の原因です。

月謝以外の費

月謝以外にも教材費がかかるところもあります。

幼稚園の時に息子が通っていた全国展開されている英語教室は初年度に1回、教材費が2万円弱かかりました。

教材の内容はバッグやゲーム用のカード、ワークブックなどです。正直、「お高いな」と思いましたし、金額に見合う内容なのかな?と私は疑問に思いましたが、多くの方は妥当な金額だとのアンケートを見かけたことがあります。小学校の時に息子が通っていた英語教室では年度の初めに一回、教材費が3,500円くらいかかりました。内容は参考書一冊だけです。

ずっと参考書だけの授業ではなく、ハロウィンやクリスマス会、英語の発表会などを行ってくれました。追加料金はなく、かなり良心的な英語教室でした。ただ、クリスマス会の時はプレゼント交換をしたので、プレゼント代は別にかかりました。

教室の選び方

皆さんはどのようなところをポイントに英語教室を決めているのでしょうか?

英語教室の先生

ネイティブの先生に教えてもらいたい親御さんは多いようです。息子が幼稚園の頃の英語教室は日本人の先生でネイティブではありませんでした。

小学校に入学と同時にネイティブの外国人の先生に教えてもらえることになったのですが、最初は英語の発音がネイティブの発音とは違ってしまっていて先生からそのご指摘を受けました。時間はかかりましたが、次第にネイティブの発音が聞き取れるようになったので、良かったです。

送迎のしやすさ

子供が自分で歩いて、もしくは自転車で行ける距離だと親御さんの負担も少なくなります。

息子の英語教室は幼稚園生や小学生が自転車で行ける距離ではなかったので、毎回送迎し、レッスンの間は他のママ友さんと一緒に休憩室で待っていました。楽しい時間でしたが、夕方に時間がとられてしまうと家に帰ってからの家事がバタバタしてしまい、そういった点では大変でした。

レッスンの時間や曜日

共働きのご家庭では平日に英語教室の送迎ができない方も多いです。休日にレッスンをしてくれる英語教室があれば良いのですが、なかなか難しいですよね。

月謝の負担

私のように最初は無理のない月謝だからと思って入っても、途中から金額の高いコースを勧められてしまうケースもあります。

習い事を楽しく続ける方法

英語は特に長く続けていないと力がついてこないので、始めたら小学校卒業まで続けるつもりで習わせることがおすすめです。

もちろん中学に入ってからも続けている生徒さんもたくさんいらっしゃいますが、うちのように中学からは塾で英語を習うケースがとても多くなります。

息子は中学からは英・国・数・理・社の五科目を塾で教わっていました。今後はセンター試験が廃止され、英語の学び方が変わってくるので、筆記試験だけでなく、英会話の力もつけないといけないですね。

ちょっと話が脱線してしまいましたが、英語を楽しく続けるためには 仲良しの友達と通うこと です。

つまらないなとか、先生が厳しいと感じても、仲良しの友達と一緒なら何とかなってしまうものです。

ハロウィンやクリスマス会などのイベントも楽しんでいましたし、発表会で英語のスピーチをした時も一緒に頑張っていました。

ママ同士の付き合いが大変なこともあるのですが、私の場合はプラスのことの方が断然多かったです。どうしても用があって送迎ができない時はお互いお願いし合ったり、ママ達とのおしゃべりの中で大事な情報を聞くことができました。

子供に英語教室の説明をする

仲良しのお友達との楽しい環境を作ってあげると同時に大切なことを子供に説明しておくことも大切です。

・英語はずっと続けていないと忘れてしまうので、始めたら小学校を卒業するまで続けること。

ただ、ずっと同じ英語教室で我慢することはないと思っています。大切なのは英語を好きになること。そして、どのような形でも良いので続けることです。

子供と一緒に英語を楽しむ

最初は簡単だった英語も次第に難しくなっていきます。

「英語ができない」「英語って苦手」と思わせないよう、簡単なレッスンの時から親御さんが一緒に英語に取り組んであげると苦手意識を持つことなく英語教室に楽しく通うことができます。

うちの場合は宿題は一緒にやっていたので、小学生で英語に苦手意識を持つことはなかったのですが、高校生になって苦手意識が出てきてしまった息子を見ていると、もっと小学生時代に英語を勉強させてあげれば良かったと思います。

英会話教室に通えば英語が話せるようになる訳ではない!

小さな頃から習わせれば英語が話せるようになるのでしょうか?

現在高校生の息子は幼稚園の年中、5歳から英語を習い始めました。

幼稚園の頃は音楽や遊びを取り入れ、英語を楽しみながら学んでいくスタイル。

小学校に入ると、英会話に問題集をプラスした学習スタイルでした。

幼稚園の年中から小学校六年生までの八年間英語を学びましたが、お恥ずかしながら英語は全く話せませんでした。

小学校卒業後、中学から入った塾で英語も教えてもらっていましたが、小学校までの八年間の効果を感じた唯一の時期です。

息子の高校は偏差値が高いので、英語のテストの難易度が高く、ついていくのに必死です。それでも英語は話せません。

 

何が言いたいかというと、英語教室は早めに始めたからといっても英語が話せるようにはならないということです。

 

息子が通っていた英語教室は週1で月4回、1回40分のレッスンでした。

毎回英語の宿題は出されていましたが、レッスンの前日に慌てて済ませていました。

そのため、英語の勉強時間はほぼ授業の時間のみ。

八年間も英語教室に通わせて「何となく英語に触れる時間を持てたね~」といった感じでしょうか。

振り替えってみても、勿体なかったと感じます。

英語教室を勿体無かったと感じた訳は学ばせ方にあった!

英語は週1で習っただけではなかなか定着しないものです。

息子はネイティブの外国人の先生に教わっていたので、発音はとても良くなりました。

その後、中学の英語ではリスニングは得意でした。

それでも、英語は話せません。

息子が高校に入って仲良くなった友達はとても英語が得意です。

どうしてそんなに英語が得意なのか聞いてみると、中学の時に友達になった子が外国人でその友達と英語で話していたからだそうです。

英語って日本語と一緒で意思を伝えられる手段であることを、息子は頭では分かっていても、その楽しさを実感していないのです。

子供に英語って言葉なんだ!を実感させるための英語学習

ただ英語塾に通わせているだけでは英語を話せるようにはなりません。

そのためには英語をコミュニケーションをとりながら楽しく学ぶことが大切です。

そこでおすすめなのは人気のオンライン英会話です。

子供向けオンライン英会話の選び方

たくさんあるオンライン英会話、どれがいいか迷ってしまいますよね?

そこで、オンライン英会話を選ぶ時のポイントをご紹介します。

オンライン英会話を選ぶポイント

  1. 料金
  2. 子供向けのコースがある
  3. 英会話向け、英検向けなど学習目的に沿ったコースがある
  4. 講師の質や相性
  5. 家族や親も一緒に受講できるコースがある
  6. 楽しくレッスンを受けれるか?

1.料金

オンライン英会話は入会金や教材費がかからず、毎月のレッスン料のみ支払えばいいところが多いです。

英会話教室に通うよりもリーズナブルなところも人気の1つです。

レッスン数も週に一日から数回、毎日受講できるものまでお子さんの希望やご家族の予定に合わせてレッスンが受けられるところも人気です。

また、無料体験ができるところもありますので、まずは無料で試してみるのがおすすめです。

また、支払いは月払いの他、年払い、一括払いなどもあるので、事前に確認しておくと安心ですね。

2.子供向けのコースがある

オンライン英会話を選ぶ時に「子供向けのコース」があるかを確認しておくことが大切です。

子供向けオンライン英会話といっても「3歳から」や「小学生以上」など対象年齢が決まっている場合もあるため、子供向けコースの有無に加え、対象年齢についてもチェックしてくださいね。

3.英会話向け、英検向けなど学習目的に沿ったコースがある

オンライン英会話は英会話向けだけでなく、英検向けに特化したコースがあるところもあり、学習目的よりレッスンの内容も変わるので、事前にチェックしてお子さんの学習目的に合った英会話を選んでください。

また、英語を楽しみながら学ぶことに重点をおき、ゲームをしながら発音のアドバイスをしてくれるところもあります。

4.講師の質

オンライン英会話は講師の国籍もチェックしておきたいですね。講師には「フィリピン講師」の比率が多いと思います。レッスン料が安いところが多く、毎日レッスンを受けても英会話教室の月謝よりも安いところもあります。

また、レッスン料は高くなってしまいますが、「ネイティブ講師」や日本語が話せない講師だと不安というお子さんには「日本人バイリンガル講師」を設定しているオンライン英会話もあります。

オンライン英会話は一人の講師に継続して教えてもらうよりも、様々な講師のレッスンを受講することを推奨しているところが多いです。様々な英語に触れることで、多くのコミュニケーションを学ぶことができます。ただ、これはお子さんによっては抵抗があるかもしれません。

5.家族や親も一緒に受講できるコースがある

オンライン英会話によっては1つのアカウントで親子や兄弟・姉妹で一緒にレッスンが受講できるところもあります。

親子でレッスンを受ける場合はお子さんが慣れてきたら、一人で受講できるように、少し離れたところから見守ってお子さん自身が自分で考える力を身につけられるようにするとお子さんも抵抗なく英語に慣れていけるようです。

最後に

英語にますます力を入れる時代が迫ってきています。

「できると有利」から「できて当たり前」の時代に変わっていく中で、英検に力を入れるご家庭が増えてきています。

しかし、英語はただ習うだけでは話せるようになりません。

会話や英語に慣れていける環境を作ってあげることが一番だと思います。

 

スポンサーリンク



おすすめの記事と広告



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す