グアムのオンワード空港からタクシーでどのくらい?dfsまで無料ってホント?

家族でグアムに3泊4日で行って来ました。

グアムには以前一度行ったことがあるだけなので、不安がいっぱいでした。

 

家族の誰も英会話が出来ないそれなのに今回はツアーを頼むことが出来なかったので、不安いっぱいな旅行となりました何とかなるのでしょうか?

同じように思われている方がいるかもしれないと思い、記事にさせて頂きます。

お役に立てたら嬉しいです。

スポンサーリンク



 

グアムのオンワードへ空港からタクシーでどのくらい?

空港からはタクシーでホテルまで向かいました。

タクシー乗り場は「TAXI?」と聞くとすぐ教えてくれました。

タクシー乗り場では係の人がいて、スムーズにタクシーに誘導してくれました。

今回は『オンワードビーチリゾート』に予約したので運転手に「オンワード」と伝えただけで連れて行ってくれました。

15分くらいで到着。料金は22ドルでした。

グアムオンワードでのWi-Fi環境は?

泊まった部屋はジュニアスイートでリビングルームとベッドルームがあり、

広々としたお部屋でした。

グアムでインターネットが繋がるか心配でしたが、

オンワードホテルの客室では無料でWi-Fiが使えたのでホッとしました。

グアムオンワードのお風呂は?

海外のお風呂は浅いので浸かることが難しいことが多いですよね?

オンワードビーチリゾートでも温まることが出来なかったのですが、

今回の部屋にはシャワールームも設置されていたので温まることが出来ました。

アメニティはロクシタンのもので、使い心地も良かったです。

グアムのオンワードからdfsへのタクシーがおすすめ!

オンワードビーチリゾートは中心街から少し離れたところにあり、

観光には不便なのではないかと心配していたのですが、

DFSへのタクシーは片道無料なので、15分くらいで到着。問題なく観光を楽しめました。

タクシーはどうやって無料化してるのかな?と思っていたのですが、

DFSに到着すると運転手も一緒降りて、中に私達を案内してくれました。

DFSのカードを渡されたのですが、その時に無料化の手続きをしていたようです。

その時は買いたいものがなく、購入しなかったのですが、問題ありませんでした。

ただ、行きしかタクシーは無料にならないないので、帰りはシャトルバスに乗りました。

 

グアムの水族館のアクセスは?

主人の病気のこともあり、遠くまで歩くのは厳しいと思っていたので、不安でした。
しかし、DFSの斜め向かいには『Under Water World』という水族館があり、

DFSから見えるので分やすかったです。信号渡ってすぐでした。

水族館はトンネルの水槽がメインで見上げると亀が泳いでいるので娘も大興奮でした。

椅子もたくさん置いてあったので主人も休みながらゆっくり見て回りました。

グアムのおすすめパンケーキは?

『Under Water World』を出て通りをを歩いて上がって行くと、

5分ほどでパンケーキで有名な『Eggs’n Things』があります。

いつも混んでいて、店の外まで行列になっているので諦めていたのですが、

タイミングが良かったのか、12時頃に行って10分ほど待っただけで入れました。

待ってる間もメニューを見て、注文して、会計まで済んでとてもスムーズでした

 

グアムのステーキおすすめは?

オンワードビーチリゾートからバスに乗り、10分かからずにグアム・プレミア・アウトレットに着きました。アウトレットの正面入り口の目の前にある『Ruby Tuesday』と言うレストランに行きました。
日本人がほとんどいないレストランで日本語は通じませんでした。

メニューを指差しながら何とか注文出来ました。

金額はステーキの量によりますが18〜23ドルくらいでサイドメニューが2つつきました。

最後にサラダバーをつけるか聞かれました。

出来ればサラダバーもつけたかったのですが、予算がないので諦めて「ノー」と断りました。

聞かれると分かっていると対応しやすいと思います。

写真は1番大きなサイズのステーキ、フライドポテト、グラタンです。
ステーキは柔らかく絶品でした!それにグラタンも凄く美味しかったです。

まとめ

英語が話せなくても、グアムは楽しめました。

『オンワードビーチリゾート』は朝食のバイキングやホテル内のプール、

ホテル内のレストランなど、家族で楽しめました。

 

日本人が多いだろうと思っていたのですが、日本人よりも

中国や韓国の方が多かったです。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

スポンサーリンク



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す