子供になぜ学歴なのかを伝えよう!

皆さんはお子さんに「なぜ勉強ができた方が良いか」話したことはありますか?

私の娘は今のところ保育士か看護師になりたいと言っているので、看護師を例としてお話をさせて頂きます。今回は分かりやすいように、4年制の看護大学と3年制の看護専門学校に焦点を当ててみようと思います。
スポンサーリンク



4年制の看護大学

「学士(看護学)」が取得できる

大卒であっても「学士(看護学)」を取得していないと看護師としては大卒と認められません。

専門学校卒よりも給料が高く昇給が良い

大卒の看護師と専門学校卒の看護師では、初任給に7千円~8千円の差があると言われています。昇給に関しても、大卒の看護師の方が昇給が良いと言われていて、病院や勤務形態によって差はありますが、月給にして2~3万の違いが出てくるようです。

3年制の看護専門学校

実習が多いので、現場で働く実践力が身につく
大学より専門学校の方が学費が安い

 

他にもあると思いますが、代表的なメリットを上げてみました。

娘に説明した結果

調べた結果を娘に説明してみました。最初は見ていたビデオをそのままにして聞いていたのですが、重要な内容と判断したのか、ビデオを止めてしっかり話を聞いていました。

娘にとって重要な情報は給料面でした。もともと看護師の給料に惹かれているところがあったので、娘の職業に対する基準の1つは収入なのでしょう。

目標を高く設定する理由

大学を卒業することだけが良いとは限りません。結婚したら看護師を辞めるつもりなら、できるだけ早く仕事を始めた方が実務経験も得られますし、専門学校は大学ほど費用もかからないので、負担も少なくできます。実務経験があれば、将来出産して子供が大きくなってからでも復帰しやすいと思います。

なので、将来メリット、デメリットを考えて専門学校に目標を変えることも良いのです。大学を目指して勉強していれば、専門学校、または短期大学の看護科に入りやすいと思います。

子供に現実的な話をする理由

お金のためだけに仕事をしてほしくはないので、金銭的なことばかりを重視させるつもりはありません。しかし、同じ仕事をするなら、少しでも給料が高い方がいいのは誰しも同じです。

しかし、この話を娘にした一番の理由は「なぜ、勉強を頑張るのか?」の意味を知って欲しいからです。看護師になるために勉強をする。でも、なぜ大学がいいのか?を知っていた方が断然頑張り甲斐があります。今はまだ、それだけでいいと思っています。

もう少し大きくなって、仕事内容や責任の重さなどをしっかり受け止められる年頃になったら、きちんと説明していこうと思います。

まとめ

今回は看護師を例としてあげました。例外はありますが、職業が違っても現在の社会は学歴が収入や昇進を左右することが多いと思います。考えは色々あるかと思いますが、私の考えを書かせて頂きました。読んで頂いた方の参考になれば幸いです。

にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す