[2017]夏休みの心配事!子供を学童に預けられない時の対処法

働く親御さんとって子供を預かってもらえる学童はとても助かりますよね。うちも一年生からお世話になってます。

 
スポンサーリンク




 

学童保育とは、主に日中保護者が家庭にいない小学生児童(=学童)に対して、授業の終了後に適切な遊びや生活の場を与えて、児童の健全な育成を図る保育事業の通称である(Wikipediaより)

学童に入れない!

保育所の待機児童が社会問題になっていますが、2015年4月から学童保育の対象が、小学3年生までから6年生までに拡大されたことで待機児童が急増しているようです。

 

学童に行きたがらない時の対処法

学童に行きたがらない理由は大きく分けて二つあると思います。

  • 学童内でのトラブル
  • 自分の好きなことをしたい。または好きな友達と遊びたい。
【対処法】ゆっくり話を聞く

子供はなぜ学童に行きたくないのか、自分でも分からないということが多いです。リラックスしてる時間に話を聞き、原因を探してあげて下さい。

娘の場合は仲良しのお友達が一人しかいなかったので、その子が休んでしまうとすでに出来上がっているグループに入りづらいとのことでした。

【対処法】学童の先生に相談する

連絡帳でもお迎えに行った時でも電話でもいいので、学童の先生に相談してみて下さい。娘の場合は先生が気に掛けてくれて、声を掛けてくれたようです。

【対処法】学童以外の方法を探す

娘はまだ学童にお願いしていますが、四年生になって学童のお友達も減ってしまい、行きたがらなくなりました。

 

①民間の学童

スポンサーリンク




小学生向けの保育サービスを行っている民間学童もあります。

メリット

  • 保育時間が長い
  • 学校の宿題や様々な学習プログラムが組まれているので、学習習慣がつく。
  • 小学校へのお迎え、自宅への送迎をしてくれる

デメリット

公立学童の料金は4000円~8000円くらい(うちは5500円です)のところ、民間学童は週5日で一ヶ月5万円~のところが多く高額である。

②習い事をする

学習塾、英会話、スイミング、ピアノ、など複数の習い事を入れることで、1人で過ごす時間をできるだけ少なくする方法です。送迎付きの習い事もあるので、近くにそうゆう習い事がないか調べてみて下さいね。私の住む地域ではスイミングスクールでバスを出してくれるのですが、そのスイミングスクールでは他にも英会話やピアノ、空手やダンスなど様々なプログラムがあります。

③児童館を利用する

仕事仲間の多くがお子さんを児童館に預けています。そこでは申請が必要なようですので、地域によって利用方法が違うようです。ご確認下さいね。

④ファミリーサポートを利用する

各自治体で行っているサービスで保育施設の送迎やサポーターの自宅での預かりなどを行ってもらえます。うちの地域では会員登録後、年会費1000円、9:00~17:00までは30分300円となっています。お住まいの地域でご確認下さい。

夏休みの場合

実家の祖父母にみてもらうと言う方法もあります。夏休みだと少し実家が離れていてもお願いできるので、うちもお願いすることが多いです。

ただ、私の父と母は年齢的にもあまり長期だと体力的に大変かなと思い、あまり長期にならないように気をつけています。会社の理解も勤務体制にもよるので、なかなか難しいとは思いますが、お世話になる父や母への心遣いや配慮も大切だと思っています。

まとめ

子供にとってストレスになることが多い学童ですが、うちの学童は先生も明るく良い雰囲気です。学童がなかったら、今まで仕事を続けてこれなかったと思います。

子供が親を必要としてる時期に十分愛情を感じられるように乗り越えて、長く勤めたいものですよね。
スポンサーリンク



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す