エアコンの掃除を自分でスプレーを使わず綺麗にする方法!

エアコンの内部のほこりやカビ、気になりますよね?

特にカビは子供の体調に影響を与えてしまうので、気をつけたいですよね。

そこで、今回は自分でできるエアコンの掃除の仕方をご紹介したいと思います。

・エアコンの掃除を自分でする方法

・エアコンの掃除で洗浄スプレーを使用した時の問題は?

お掃除機能付きエアコンは本当に手入れしなくてもいいの?

に焦点を当てて説明させて頂きます。


スポンサーリンク



エアコンの掃除を自分でする方法

今回はお掃除機能付きではないタイプのエアコンの掃除方法についてご紹介します。

準備するもの

  • 新聞紙
  • ハブラシ(使用済みでOK)
  • 雑巾やタオル(使用済みでOK)
  • 掃除機
  • ビニール手袋

メガネやマスクの着用をおすすめします。

 

①まず、クーラーのコンセントを抜きます。

②クーラーの下に新聞紙を敷きます。ビニール手袋をします。

③次にカバーを上に上げます。

④フィルターを外します。

⑤ルーバーを外します。

 

ルーバーの外し方はこちらの動画を参考にしてくださいね。

こちらの動画では全てカバーを外してますが、私はルーバーしか外してません。

 

⑥ザッと掃除機をかける。

⑦雑巾を濡らして固く絞り、全体的に拭く。

⑧フィン部分を雑巾とハブラシで綺麗にする。

 

⑨次にファン部分を掃除していきます。

 

ファンは吹き出し口から覗くと少し上の方に見える筒状の部分です。

 

ファンを雑巾とハブラシを使って掃除していきます。

ファンを転がしながら雑巾で拭いていく感じです。

地味な作業ですが、丁寧に拭いていくことで、綺麗になります。

台所用洗剤で拭くと良いという意見もありますが、今回は雑巾を水で濡らし、固く絞っただけです。それだけでもかなり綺麗になります。

 

厳密に言えばファンの内部のカビは取ることができないので、完全にカビを除去するためには業者にお願いするしかありません。

 

しかし、この方法で掃除すればかなりほこりやカビが取れます。

 

エアコンの掃除で洗浄スプレーを使用した時の問題は?

エアコンの掃除で洗浄スプレーを使用したら、エアコンが故障したという話を聞いたことがあるでしょうか?

 

私の知り合いもスプレーが原因でエアコンが壊れてしまったそうです。

 

なぜそんなにもエアコン洗浄スプレーで故障してしまうのか、調べてみました。

 

・落しきれなかったほこりやカビに洗浄液が加わり、さらにカビが発生しやすくなってしまう。

 

・洗浄スプレーが電装部分にかかってしまい、動かなくなってしまう。

 

・上手く全てのほこりやカビを流せても、ドレンホースに詰まってしまい、水漏れしてしまう。

 

以上の問題が洗浄スプレーで起こる問題の主要なものです。

 

市販洗浄スプレーの問題点を解決するには以下のことが考えられます。

 

・洗浄液をしっかり流す

・電装部分を洗浄液がかからないように保護する。

・ドレンホースの詰まりを解消する。

 

それを踏まえて、掃除に取り組むと・・・・結構難しいです^^;

 

自己責任でチャレンジしてみたい方はこちらを参考にエアコンを洗浄してみてくださいね。

電装部分の養生が難しくって、私には到底できそうもありません^^;

 

 

ドレンホースが詰まってしまったら、ドレンホースクリーナーが販売されています。

 

ドレンホースについてはこちらで説明してますので、ご覧になってくださいね。

エアコンの水漏れの原因や対策は?ドレンホースの掃除法と修理費相場

 

 

お掃除機能付きエアコンは本当に手入れしなくてもいいの?

今までご紹介してきたエアコンは全てお掃除機能がついてないエアコンです。

しかし、お掃除機能がついたエアコンだと一気に掃除の難易度が高くなります。

 

今エアコンを新しくしようと思って色々見ているのですが、

大型電気店だとお掃除機能付きエアコンについて、

「お掃除機能がついているので、10年掃除しなくても大丈夫ってお客さんが多いんですよ。」って言われました。

 

調べてみたらぜんっぜんそんな訳ないです。

すぐカビるだの、部品が精密すぎて自分じゃ掃除できないから業者に頼むしかないけど、

お掃除機能がついてないタイプのエアコンは13,000円くらいで済むのに、

お掃除機能がついているタイプのエアコンは23,000円くらいかかる。

 

そんな意見が多いです。

 

 

カビやほこりがたまる原因がいくつかあるようです。

 

・お掃除ロボットにほこりがたまって、お掃除機能が働いていない。

・音が気になってお掃除機能の設定をOFFにしてしまっている。

・他のエアコンよりも密閉度が高い。

・お掃除機能で出たゴミが集まるダストボックスを定期的に綺麗にしてない。

・お掃除機能で出たゴミを外に排出するシステムになっているが、ホースに詰まってしまっている。

 

ということは、ある程度お手入れをしていれば、ほこりを綺麗にし続けてくれるのでしょうか?

 

お掃除機能付きエアコンは油などには弱いようで、リビングだと油がついてしまい、お掃除機能のロボットではほこりを取れなくなってしまうことがあるそうです。

その時はお手入れしてもらう必要がありますと電気店の店員さんがおっしゃってました。

 

でも、お手入れしなきゃいけないなら、お掃除機能がついていないタイプのエアコンの方が業者に頼む金額も少なくて済むし、お手入れもしやすいので、考えてしまいました。

 

あなたはどうお考えですか?

 

まとめ

いかがでしたか?

エアコンの掃除については色々な意見があり、これが一番とは言えません。

お使いのエアコンのメーカーによっても異なりますし、使用している場所によっても変わってきます。

また、一家でエアコンを何台も使用しているご家庭もあります。

3台全て業者に頼むと安くても3万円は越えることになってしまいます。

結構な負担ですよね?

しかも、年に一回の掃除だけではまたカビてくると思いますし・・・

どちらにしても、2週間に1回程度の清掃が必要になってくると思います。

 

簡単な構造、シロッコファンが簡単に取れる、安い、そんなエアコンがあったら、爆発的に売れそうですよね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク



おすすめの記事と広告



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す