子供のコミュニケーション能力を高めるには何が必要?

昨日は娘と娘の友達を連れて公園に行って来ました。まだ三分咲きくらいでしたが可愛い桜と春らしい暖かな気候で公園で遊ぶには絶好の日でした。
スポンサーリンク



 公園へ

公園に行く途中でお昼を買い、屋根付きの休憩所で食べました。外で食べるお昼はいつもと同じお昼でも新鮮な感じですね。更にお友達も一緒なので終始楽しそうな娘。

階段ではじゃんけんでグリコをしていました。パーで勝ったら「パイナップル」チョキで勝ったら「チヨコレート」グーで勝ったら「グリコ」と言って一音節ずつ発声するごとに一歩ずつ進む遊びをしながら降りていました。

「次は何をする?」などと話し合いながら、次々遊びを変えて遊んでいきます。長い滑り台、アスレチック、バトミントン、鯉に餌をあげるなど楽しんでいました。

いつも仲良しな二人。しっかりコミュニケーションが取れている様子です。コミュニケション能力はとても大事だと思います。いくら勉強ができても人間関係が上手くいかなかったら仕事が上手くいかないことの方が多いからです。

スポンサーリンク

コミュニケーション能力を高めるために親にできること

コミュニケーションは「相手の話を聞き、理解すること」と「自分の意思を分かりやすく伝える」ことが出来た上での交流が重要です。そのためには親が子供の話を良く聞くことが重要だと思います。

娘が学校から帰ってきて話すことの中には重要なことが含まれていることが多いです。例えばクラスの男の子が顔の特徴を捉えたあだ名をつけて何度も呼ばれて嫌だったと娘が話したことがあります。私はその男の子の名前を聞き、娘に「ママから先生に話してあげるよ。」と提案しました。翌日連絡帳にそのことを書くと先生はすぐその男の子に説明をして叱ってくれたようです。男の子のお母さんにも伝えてくれて、その男の子からあだ名で呼ばれることは無くなりました。娘もホッとしていました。

娘の話をしっかり聞き、問題に対してどのように対応すれば良いかを教えるつもりでいつも私は娘の話を聞いています。また、出来るだけ「それは悲しかったね。」「それは良かった。」など、娘の感情を代弁するような言葉を最初にかけるようにしています。そうすることで、「ママに共感してもらえた。」と感じてもらえたらなと思っています。 

子供の話を良く聞く

・最後まで相槌を打ちながらしっかり聞く

・問題があれば解決方法を提案する

・子供の気持ちに共感する

まとめ

子供に学んでもらいたいことはまず親がしてあげることが一番だと思います。してもらえて嬉しかったことは大好きなお友達にもしてあげたくなるので自然とコミュニケーション能力がついてくると思います。 
スポンサーリンク



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す