子供の肌荒れの原因と対策は?季節の変わり目の秋こそ注意!

夏は紫外線が強く、日焼け止め対策や熱中症対策などお子さんの体調を気遣うことが多くて大変ですね。

秋は汗や皮脂の量も減ってきて、お肌にかかる負担も軽くなると思われがちですが、この時期にお肌の調子が悪くなる子も意外と多いようです。

なぜ秋に肌荒れするのでしょうか?

今回は子供の秋の肌荒れについて原因や対策をまとめてみました。


スポンサーリンク



季節の変わり目の秋こそ注意!

子供の皮膚は大人よりも薄く、水分をためておくことができません。

また、表皮の厚さが大人より薄いので、大人よりも肌荒れしやすいんです。

 

こちらは日焼け止め対策の記事です。よろしければご覧になってくださいね。

 

 

秋の肌荒れの原因は?

秋は夏の暑さが落ち着いて過ごしやすい季節です。

お肌にも暑くもなく、寒くもなく、快適なのでは?と思うのですが、どうして肌荒れするのでしょうか?

夏の紫外線ダメージが表面化

夏はたくさんの紫外線を浴びてしまいます。

紫外線を浴びることでやけどのような状態になり、外部からのダメージを防ぐ肌のバリア機能が壊れてしまいます。

夏に蓄積されたダメージが秋に肌荒れとして現れるのです。

秋は乾燥で肌荒れしやすい

夏の紫外線やエアコンによる肌の乾燥などによりダメージを受けます。

また、秋は空気が乾燥します。

一番の原因は気温の低下です。

冷たい空気は水分を多く含むことができません。

そのため、気温が下がるにつれて、湿度も低下していきます。

 

他にも原因として考えられるものがです。

夏は太平洋高気圧による熱く湿った南寄りの風が吹きます。

しかし、飽きになると太平洋高気圧の勢力は弱くなり、かわりに乾いた北寄りの風が大陸から運ばれてきます。

そのため、夏よりも秋の方が湿度が低くなります。

秋の花粉によるアレルギー

花粉は春だけでなく、秋も大量に飛散します。

目のかゆみ、くしゃみなどの症状が出る場合は秋の花粉による肌荒れの可能性もあります。

秋はブタクサ、ヨモギ、カナムグラの花粉に注意が必要です。

花粉は春だけではなく1年を通して飛散し、アレルギー性鼻炎を引き起こします。

秋の肌荒れはスキンケアが原因?

夏は紫外線対策をしっかりし、入浴後も保湿をしてあげるなど、気をつけているママさんも多いですよね。

しかし、秋になると気温も下がり、汗も夏ほどかかなくなるので、安心してしまいます。

そのため、夏に受けたダメージが残っていたり、気温が下がって乾燥してきた環境の変化に対応できずに肌に負担がかかってしまいます。

そのため、スキンケアを維持することが大切です。

スポンサーリンク



秋の肌荒れの対策は?

では、どんな対策をしたら良いのでしょうか?

子供のスキンケアのポイントは2つ!

肌を清潔にすること

お子さんにはできれば低刺激の石鹸を選んでください。

娘はお風呂に入るたびに腕を痒がっていたのですが、ボディーソープから石けんに変えたらかなり改善されました。

その時の記事はこちらです。

 

石鹸は必ず泡立ててから使用してくださいね。

泡立てずに直接塗ると、せっけんのつけすぎになり、肌を刺激することにつながってしまいます。

優しく洗う

石けんの泡で体を洗うイメージで優しく洗います。

スポンジやタオルでゴシゴシ洗ってしまうと肌にダメージを与えてしまいます。

保湿をしっかり

保湿剤は低刺激で肌にあったもので、できれば子供用に作られているものが理想です。

使用する前には目立ちにくい腕の内側などに塗って試してみるのがおすすめです。

サンプルがあると、購入しやすいですね。

まとめ

乾燥しやすい秋の肌は、保湿ケアが重要!

うるおいを与えつつ、逃がさないようにしたいので、洗顔後は保湿剤をたっぷり使ってうるおいを補給してあげましょう。

洗顔後の素肌を放っておくとどんどん乾燥してしまうので、すぐケアするのもポイントです。

 

よろしければこちらもご覧になってくださいね。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

また、お越しくださいね。

 

スポンサーリンク



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す