足立の花火2018打ち上げ場所は?穴場スポットや屋台や屋形船情報も!

東京都内で夏の始まりに一番に見ることができるのが、今年2018年に第40回目の開催をむかえる、約100年の歴史を持つ足立の花火大会です。

「関東の人気花火大会ランキング」第2位、約1万3600発の花火が打ち上げられ、昨年も約60万人近くの観客を魅了しました。

今回は足立の花火の2018年の日程、穴場スポット、見どころの情報をお届けします!


スポンサーリンク



足立の花火2018年の日程・時間は?

開催日程:2018年7月21日(土)

打ち上げ時間:19:30〜20:30

※荒天の場合は中止となります

足立花火2018打ち上げ場所は?打ち上げ数は?

打ち上げ場所:荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋〜西新井橋間)

打ち上げ数:約1万3600発

 

足立の花火2018見どころは?

足立の花火では、1万3600発の花火を1時間で打ち上げるため、スピード感溢れる豪華な花火が楽しめます。

こちらに昨年2017年の足立の花火の動画がありますので、参考にしてくださいね。

 

 

足立の花火で、伝統名物の「ナイアガラ」を2重に架ける新企画が実施されます。

連射連発のスターマインを何セットも同時に打ち上げるワイドスターマインも人気です。

足立の花火2018!有料席情報

販売開始日時:平成30年6月23日午前10時~

エリア 席種 金額  観覧場所
千住側 シングルシート(1人席) 5,000円 有料観覧席A
西新井側 ベンチシート(3人席) 12,000円 有料観覧席B
ガーデンチェア(4人席) 18,000円 有料観覧席B
ペアシート(2人席) 7,000円 有料観覧席C
トリプルシート(3人席) 10,500円 有料観覧席C

 

インターネットまたはお電話での申込が可能です。

 

詳しくは足立の花火公式ホームページをご確認ください。

http://adachikanko.net/pick-up/archives/17817

スポンサーリンク



足立の花火2018の穴場スポットはどこ?

足立の花火の特徴は打ち上げ場所と観覧場所が近いので、花火を間近で見られるところです。

河川敷の土手の斜面などに座ってゆったりと楽しむことができます。

しかし、打ち上げ場所の千住側は、指定観覧場所もあり毎年混雑します。

お子さんがいらっしゃる場合は花火の下だと音も大きいですし、少し離れた場所で眺める花火もおすすめです。

足立の花火2018穴場:西新井橋近くの河川敷

西新井駅から徒歩30分ほどで西新井橋に着くことができます。

 

西新井橋近くの河原辺りがゆったり見れるポイントです。

西新井側からはどのように見えるのでしょうか?

西新井側から撮った動画がありますので、よろしければご覧になってくださいね。

 

足立の花火2018穴場:虹の広場

打ち上げ場所からは少し離れてしまいますが、虹の広場も好評です。

夏にはカンナの花が咲き、トイレもありますが、屋台や自動販売機はないので準備していくといいですね。

 

北千住駅から普段は徒歩15分くらいですが、足立の花火当日は混みますので倍の時間がかかると予想されます。

北千住駅は当日15時くらいから徐々に混んできます。

 

足立の花火2018穴場:扇1丁目付近河川敷・扇橋大橋付近

西新井橋よりさらに打ち上げ場所から離れてしまいますが、扇大橋駅から徒歩約10分というのが便利な場所です。

河川敷まで行かなくても扇橋大橋付近でも花火を正面から見ることができます。橋付近なら駅から6分くらいです。

赤い丸部分が花火の打ち上げ場所付近です。

 

足立の花火2018屋形船が人気!

屋形船で優雅に花火を眺めるのはいかがでしょうか?

 

足立の花火は屋形船が人気です。

 

お食事を楽しみながら花火を鑑賞できる屋形船もあり、ゆったりとした夏のひと時が過ごせます。

 

足立の花火大会はすでに予約でいっぱいのところも多いです。早めに予約してくださいね。

こちらは屋形船から見た足立の花火です。よろしければご覧になってくださいね。

 

《足立の花火を観賞できる屋形船》

・浮かぶ料亭 晴海屋⇒http://www.harumiya.co.jp/season/2017/hanabi2017.html

・船宿あみ達 ⇒ http://www.amitatsu.jp/hanabi

・屋形船瀬川丸⇒ http://www.segawamaru.com/hanabi.html

・屋形船 廣田屋 ⇒ http://www.hamadamaru.com/hanabi/

・屋形船 三浦屋⇒ http://www.funayado-miuraya.co.jp/event/hanabi.html

・ぽけかる倶楽部 ⇒ http://www.poke.co.jp/

 

※詳しくは、各業者にお問い合わせください。

足立の花火2018屋台や露店は?

足立の花火大会は、打ち上げ会場や花火鑑賞エリアの河川敷には屋台や露店が出店されません。

最寄駅から花火大会会場へと続く道に多くの屋台や露店が出ているので、会場方面に向かいながら楽しむこともできます。

特に北千住駅から土手側に向かう沿道には屋台が多く立ち並びます。

早めに駅に到着し、屋台で買い物をされながら会場に向かうと花火を見ながら屋台グルメを楽しめます。

足立の花火2018行き帰りの混雑を避けるポイントは?

会場周辺は15:00過ぎに混み始めますので、混雑する北千住駅や五反野駅を使用される方は早めの会場入りをおすすめします。

帰りはもっと混みますので、北は梅島駅か小菅駅、南は千住大橋駅か牛田駅まで歩いた方が早かったという意見が多いです。

また、花火が終わる前に切り上げる、もしくは花火大会終了後1時間くらい時間をずらしてお帰りになると混雑を避けることができます。

まとめ

花火大会をお子さんと楽しむためのポイント!

・時間に余裕をもって会場入りしてくださいね。目安は場所取りも含めて3時間前がおすすめです。

・飽きてしまったり、花火の音にビックリしてしまうお子さんもいます。小さい頃はお子さん優先で様子を見て撤収もお考えくださいね。

・会場は人が多く、蒸し暑いです。熱中症にならないよう、水分・塩分を補給してあげてくださいね。

・会場は人が多く、迷子にならないように気をつけましょう。キッズ携帯などがあれば、念のため持たせておくと安心です。

しかし、会場は携帯が繋がりづらくなってますので、目を離さないのが一番です。

・帰宅ラッシュで混みあいます。お子さんがいらっしゃる場合は花火が終わる前に帰る支度をする。帰りながら見るなどの対策をされている親御さんが多いです。

 

持って行くと便利なアイテム

・レジャーシート

・飲み物

・軽食・おやつ

・虫よけスプレー

・雨具

・カメラ

 

お子さんと一緒に楽しい花火大会をお過ごしください。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す