子供にも安心!食べられる「池田さんの石けん」体験レビュー!

台風が過ぎてさらに暑いですね。お子さんは夏休みを満喫してるでしょうか?

今日は小学四年生になる娘の初めての洗顔石けんを選ぶためのお試し第二弾をさせて頂きます。

お試しに選んだのは楽天市場ランキング第1位の「池田さんの石けん」です。

どんな石けんなのかあなたにお伝えできたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク



 

「池田さんの石けん」を選んだ理由

先日、こちらのブログで紹介させて頂いた「ぷろろ化粧品」の石けんを使用した時に食品のような感覚がありました。その時の記事はこちらです↓

なら、本当に食べれるくらい安全な石鹸はないか?と思うようになり、調べてみたところたどり着いたのが、この「池田さんの石けん」でした。

会社のこだわり

「池田さんの石けん」を販売しているのは「ネオナチュラル」という会社です。そのこだわりをたっぷりとご紹介させて頂きますね。

皮膚常在菌

肌に天然のバリアを作って外部の刺激や有害物質から守ってくれているのが、「皮膚常在菌」なんです。

その一種である善玉菌は皮脂と水分を代謝して天然のバリアを作って、ばい菌を寄せ付けないようにしてくれています。

肌が弱酸性に保たれているのも、常在菌のおかげなんです。

 

しかし、化学合成成分からできたスキンケア製品を使用してしまったり、間違った洗顔法を続けてしまうと必要な皮脂まで取ってしまい、皮膚常在菌のバランスが崩れ、乾燥や肌荒れなどのトラブル、シミ、シワなどができてしまいます。

でも、「池田さんの石けん」は100%自然素材!

余分な皮脂は取らずに潤いを残しながら洗顔することが大切なんですね。

アトピーを治したい気持ちから生まれたネオナチュラル

「池田さんの石けん」を販売するネオナチュラルは社長が娘さんのアトピーを治したくて肌のしくみやスキンケアの研究を重ねていったそうです。

市販のボディーソープを使用すると敏感肌用と書いてあっても娘さんの症状は悪化してしまったそうです。

そこで、手作り石けんを作り始め、娘さんのアトピーは次第に改善されていきました。

その石けんの評判が人づてに広がってネオナチュラルのスキンケア製品ができたのが、始まりのようです。

「池田さんの石けん」体験レビュー

そこで、お試しセットを注文してみました。

このお試しセットは2017年9月17日(水)17時まで期間限定で390円で販売中です。

送料も無料だし、次回使用時に使える200円分の商品券までついているので、とてもお得です!

 

このような状態で届きました。柄の用紙は住所の部分です

 

開けてみると色々入っていました。真ん中に200円の商品券もあります。

 

どうやらこの中に石けんが入っているようです。

 

石鹸が3つ入っていました。

うさぎは重りに使いました。セットには含まれてません(;´▽`A“

さらに泡立てネットも入っていました。

開けるとこんな感じです。一辺を縫っただけのシンプルな作りです(;゚Д゚)

正直最初見た時は「え?」となりましたけどね。

でも、390円なのについてることが凄いかもと思い直しました

馬油石鹸

それでは1つ1つ見ていきましょう。まずは馬油石鹸です。

石鹸素地に人間の皮膚に非常に近い国産馬油100%使用したシンプルな洗顔・ボディ石鹸です。

赤ちゃんや敏感肌の方におすすめです。

馬油石鹸の成分は?

成分

馬油石けん素地、水、グラニュー糖、グリセリン、海塩、桧油

泡立てるとこんな感じです。

さくら蜜石けん

スポンサーリンク




次はさくら蜜石けんです。

さくら蜜石けんは福岡県青木養蜂場の純粋ハチミツと竹酢液を配合した洗顔・ボディ用の石けんです。

吸水性・浸透性が高いハチミツは保湿力に優れているので、乾燥した肌に潤いを与えながら洗い上げます。

特に乾燥肌の方におすすめです。

さくら蜜石けんの成分は?

 

馬油石けん素地、水、グラニュー糖、グリセリン、エタノール、桜蜂蜜、蒸留竹酢液、海塩、桧油

さくら蜜石けんを泡立てた様子を撮影してみましたので、お時間ありましたら、ご覧になってみてください。

管理人不器用なので、1分くらいかかってしまいました(^_^;)

あなたならもっと早く泡立てることができると思います!

 

お気づきでしょうか?実は石鹸をネットから出してる画像がありません^^;

石鹸を出そうとしたら、ネットからなかなか出せずグダグダだったので、カットさせてもらいました><

 

シンプルなネットですが、かなりきめ細やかな泡ができました。

桜石けん

最後は桜石けんです。

桜石けんは「さくら蜜石けん」に天然保湿成分ミツロウと天然抗菌成分プロポリスを豊富に含んだ巣蜜を加えた贅沢な洗顔用石けんです。しっとりとした潤いのある肌になりたい方におすすめです。

桜石けんの成分は?

成分

馬油石けん素地、水、グラニュー糖、グリセリン、エタノール、桜蜂蜜、巣蜜、蒸留竹酢液、桧油

泡立てるとこんな感じです。

池田さんは石けんを試食してるってホント?

ホントなんです!

池田さんの石けんは、一窯一窯石鹸を試食して出来を確かめているそうです。

「どんな精密な機械でも、料理の味までは解りませんからね。色んな測定機器でやってみましたが、やはり自分の舌が一番なんです」と池田さん。

毎日食べていると 石けんの出来や原料の微妙な違いが判り、その味で微調整出来るそうです。 天然原料をそのまま用いる製法は、常に品質が安定する化学成分を用いる製法と異なり、 こういった手法で微調整しない限り一定の品質を保持するのは難しいらしいです。

管理人も舐めてみました!

 

馬油石鹸 美味しくはないけど、舐められる。
さくら蜜石鹸 黒糖のような味。
桜石けん グラニュー糖の甘さ。

 

それで、あれ?石鹸って舐められるんだっけ?というおバカな錯覚をした管理人は他の石けんを舐めてみることに・・・

 

げげ~!

舌がビリビリしてとても舐められるようなものではありませんでした。

池田さんの石けんも「食品ではないので、食べないでください」って書いてあります。

ちなみにニオイは?

馬油の香り?表現しずらい、独特な香りです。

しかし、桜石けんだけはあまりニオイを感じませんでした。

 

まとめ

いかがでしたか?

あなたに「池田さんの石けん」を詳しくお伝えできたら嬉しいです。

また、他にもお試ししてみようと思いますので、楽しみにしてもらえると嬉しいです。

また、こちらに洗顔の仕方について書かせて頂いていますので、合わせてお読みくださいね。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

スポンサーリンク



にほんブログ村のランキングに参加しています。励みになりますので、クリックお願いします。

コメントを残す